地震



人生で最大の地震を経験しました。。。
それでも震度5前後と思われるので、被災地の方々に比べたら全然マシ・・・。
入ってたビルが立ち入り禁止になり、仕事にならないので帰されたんですが
立ち入り禁止になるとは思わないから、パソコンつけっぱなしで来ちゃったよ。
節電しなきゃいけないのに。

我が家でも、暖房器具つけなかったり、テレビも極力消したりしています。
同じ情報ばかりだし、被災地じゃないからすぐ情報ほしいわけでもないし、
節電した方がよい。
・・・でもこのブログ書いてることが一番のムダな電力消費のような
気がしないでもない。

で、首都圏の電車が終日運休になり、案の定帰宅難民となりました。
父親が迎えに来てくれることになり待ってたんですが
夕方6時前に家を出て、夜11時頃にまだ(住まいの)市内にいる、とメールが来た時には
さすがに泣きそうになりました。
大人しく、同期の家にいけばよかった(T_T)

駅も、シャッター閉めて完全にシャットアウトするし
本来24時間営業のマックも、店長判断とかで人締め出して閉めちゃうし。
私、今後必要にかられない限り、マックを利用するのはやめます(怒)
つか、マックを利用しなきゃ死んじゃう、なんて状況はそうそうないと思うので
一生利用しない。
あれは、一店長の判断で、マック全体の意思ではなかったとしても
そういう教育しかできない企業だと思うし。
お年寄りとか、あんな寒空の下に追い出すとか、ありえない。

企業側の事情もあるだろうけど
たまたま、やっぱり一人でマックに避難してきた若い女の子と一緒になって
カラオケ店で一夜を共にした(笑)んですが
その子は、飲食店勤務の子なんだけど
マックの対応ありえない、って怒ってた。

結局24時間営業のカラオケ店で一夜を明かし、朝7時にJRが動くとの情報を得て
普段なら25分でいくところを、徐行運転の電車で1時間かけて帰ってきました。
そして、途中まで迎えにきてた父親は、結局、渋滞に巻き込まれただけで
帰ってきた・・・。すまん。。。


うちの職場は全国にあって、宮城・岩手・福島にももちろんあるわけですが
さっきHPみたら、気仙沼のがもろ海沿いだった。。。
他、ひと県につき10~15所くらい、この3県にはあるんだけど
住所からは、どこらへんか、いまいち把握できない。
阪神大震災のときは、全国から被災地入りして業務支援したらしいので
今回もあるかな。
募金は回ってくると思うので、絶対したい。

ボロボロになって帰ってきて、つか、夜とか一人ぼっちで
(実際は一緒になった若い女の子と、ペチャクチャしゃべってたんだけど)
たまに泣きそうになったんだけど
家で新聞の一面みて、本っっっ気で
「なんじゃこりゃー!!!」
ってなった。
戦争とか映画の世界みたいだった・・・。

年とったせいか、そういう報道みると結構泣きそうになるんですが
アナウンサーとか、よく平気だなぁ、と感心してます。
アナウンサーの方が全然年上なんですが。
個人感情を捨て、冷静に情報を伝えるのが職務とは言え
もし自分がアナウンサーだったら、原稿読みながら泣いちゃうかも・・・
と、いらぬ心配をしています。\(^O^)/

関連記事
案内

※やり込み、考察、攻略等はなく、普通に楽しむ範囲のものになります。

※ライトとヘビーの間。

※最新の記事から見たい方は、上の「ワースレス」からどうぞ。

※リンクに関して切り貼り自由。

※コメントへの返信は遅れがちです。すみません…。

プロフィール

タカムラ

Author:タカムラ


成人済

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
戦国BASARA3 感想
それぞれの感想・プレイ日記へ直接飛べます。

キャラ別 全ルートまとめ →  
伊達政宗
       
       

雑賀孫市
       

真田幸村
        
       O 

石田三成
       
     
慶次・市総括    
伊達軍と武田軍    

※オンマウスで説明出ます。

※伊達・孫市は、まだプレイ初期に書いてるので読みにくいところ多々あり。

※ここにリンクさせてない記事もあります。
お好きな海へ
カテゴリ
since 09/04/29
こっそりマイ殿堂

【殿堂入りキャラ】
・アッシュ・リンクス
・ジタン・トライバル
・麻倉 葉

【殿堂入り作品】
・BANANA FISH
・FF9
・FFT
・バハムートラグーン
・クロノクロス
・タクティクスオウガ
・岡田あーみん全作品



FF9 タクティクスオウガ FFT ch1 岡田あーみん