戦国BASARA3 感想・プレイ日記25 ~真田幸村戦国絵巻~ 赤ルート・Part2



戦国BASARA3 感想・プレイ日記25

~真田幸村戦国絵巻~

  赤ルート・Part2


セリフの抜き出しやストーリーのネタばれがあります。
ご注意を!!









3戦目
【上田城攻竜戦】

「なんたる事だ あれほどお館様に背後を疎かにするなと言われていたのに」(幸村)

学習しない幸村。笑
背後を突かれるのは、もはや幸村の仕様。

「背後がガラ空きとは・・・大将の名が泣くぜ」(伊達)

自分の方が大将歴が長いからって、先輩風を吹かす伊達。

「家康に野暮用があるんでね knockはしたんだ、文句はねぇだろ?」(伊達)

ちなみに、英雄外伝の本能寺乱入戦では
「おっと失礼 knockもせずに入っちまった」(伊達)
っていうセリフがあります。
筆頭、今度はちゃんとノックをしたのね!笑

確かノックに関するセリフ、前もあったよなぁ、って
今、自分の英雄外伝の感想・プレイ日記を読み返したところなんですが
意外なところで役にたった、自分の感想・プレイ日記。(^^ゞ
ちなみにこの記事

片倉小十郎を倒せ!
「伊達政宗は、竜の右目・片倉小十郎に陣頭指揮を任せている模様・・・
 まずは片倉小十郎を倒し、独眼竜を戦場へと引きずりだしましょうぞ!」(伊達軍武将)


このセリフに燃えるのは、タカムラだけですか。

「進め!ただし獣のように慎重にしろ」(小十郎)

このセリフを初めて聞いたとき、どんな例えだよ、ってツッコミ入れたんですが
何回か聞いてたら、「慎重にする」の枕詞は「獣のように」しかないと思えてくる不思議。

「あれは竜の右目・・・相手したくねぇ」(味方武将)

めっちゃ恐れられてる小十郎!\(^^)/

「喰らいすぎるなよ、大将 ・・・悪鬼になるぜ」(佐助)

このセリフ、かっこいい。
というか、そんな喰らいすぎると悪鬼になっちゃうような
負のオーラばりばりの小十郎、かっこいい。

vs片倉小十郎
「深い沼でもがくテメェを個人的には買う
 が、結果がついて来なけりゃ台無しだ」(小十郎)
「くっ・・・全てご指摘のとおりでござるッ」(幸村)


この二人も、なかなかいい組み合わせですね~!
叱ってくれる、でも口うるさい佐助とはまた違った、親戚のおじさんみたいな。
う~ん、それもちょっと違うな。
うまく言えないですけど、ま、兄貴だよなぁ、と。
(長曾我部のアニキとは違う意味での兄貴)

「政宗様か、あるいは徳川家康・・・テメェがより恐れるのはどちらだ?」(小十郎)
「今の某は・・・答える言葉を持ちませぬッ」(幸村)


二人と肩を並べられるほどの器にないって思ってるのかな・・・。
幸村って、自分に厳しそうですよね。

ちなみに、幸村で自由合戦の方の「上田城攻竜戦」をやったら
「今の某は・・・」のセリフのかわりに
「貴殿の右目に、今の我が身はどのように映る?」
って言ってました。
う~ん、やっぱり自分に厳しい幸村。

「将来は、小十郎様のような男になりてぇ」(伊達軍モブ)

筆頭じゃねぇのかよ!

「静かにいくぜ 俺の目標がそういう人でね」(伊達軍モブ)

こっちもやっぱり小十郎のことっぽい??
伊達軍内での一番人気って、主差し置いて小十郎じゃないの!?笑

あれだ。
筆頭は、憧れるけどああいう生き方は、自分にはできねぇな、みたいな。
ちょっとアレは特殊だろ、みたいな。
ちょっと真似できないよね~、って感じな伊達軍内の筆頭評。

でも、小十郎倒したあと「独眼竜 参戦!」の文字とともに
出陣してくる筆頭、めちゃめちゃかっこいいんですけども!

vs伊達政宗
「視野と経験が足りなかった・・・それだけだ」(伊達)

これ幸村のことを言ってると思うんですけど
自分のことも併せて言ってる感じ。

そういやPart1の感想・プレイ日記で、

「お館様のようには振る舞えぬのか」(幸村)
「立て大将 なぐさめなど期待するな」(佐助)


幸村もさ、お館様のようになれないのは当然なんだよ。
年齢とか経験とか。
佐助もそれを教えてあげて!』


って書いたんですけど、親切にも伊達が教えてくれました。

「ま、アンタには酷かもしれんがな」(伊達)

まるで、自分には酷じゃない、みたいな。
小学生の「オレの方がすげぇ」争いみたいな。
でも、素直な幸村は、素直に「おおお!政宗殿はすごいでござるぅぅぅ!」
ってなって、伊達の自分自慢を更に助長させてるとおもしろいな、っていう妄想。

「否定はせぬ・・・それを拭うは今、この槍のみ!」(幸村)
「お館様の安らぎが為にも、貴殿を通すことまかりならぬッ!」(幸村)

「アンタは建前さえも言えねぇのか
 一国の主として、くらいは吹いてみせろ」(伊達)


建前が言えないのは幸村の美点、と思ったけど
そうだよね、大将となった今、いつまでも「お館様の為に!」
じゃ、おかしいものね。

「覚えときな 力押しではどうにもならないことがある
 オレもそれを学んだってやつだ」(伊達)


伊達、すげぇ優しい!
懐深くなったねぇ!!
確実に器がでかくなった感じです!

「国を背負いながらそれに潰されることなく駆け抜けるあの男」(幸村)

そこが筆頭と幸村の決定的な違いだったけど。

「あ~あ、分かってないねぇ あんたにはあんたのやり方がある
 それに俺様はあの男が嫌いでねぇ あんたにはあんな風になってほしくないのさ」(佐助)


誰だって、子供にあんな不良・走り屋になってほしくないよね。
うんうん、わかるよ佐助。

そして、完璧幸村を倒せたのにそれをしない筆頭。
筆頭、結局幸村の陣中見舞いに来ただけじゃないの。
親切にも、幸村を諭してあげてさ。


最後に、幸村で自由合戦「上田城攻竜戦」をやったときの
戦国絵巻にはなかったセリフを少々。

vs小十郎
「今の立場になるのが、少しばかり遅すぎたな」(小十郎)

幸村が、もうちょっと早く大将としての地位についていたら、、、ってことかな??

「この程度で殺したと思ってねぇよな」(小十郎)

ちょっと物騒な小十郎。

伊達軍武将を倒すと
「すみません筆頭 土下座させてください」

上下関係が厳しそうな伊達軍。笑
つか、筆頭は別に望んじゃいないけど、下の者が勝手に厳しくしてそう。

同じく、伊達軍武将
「もうちょっと走りたかったけど、仕方ねぇか」

素直でかわいいな!\(^▽^)/
つか、やはり走り屋!

「目指せ最速!やられるまでの話じゃねぇぞ」(伊達軍武将)

うけた。笑

幸村の戦いを見て
「キレが悪いな・・・鍛練の時間が減ってるからか」(佐助)

はわわ・・・!
色んな意味で、はわわ・・・!
幸村の戦いを分析・評価しちゃう佐助のかっこよさとか
キレが悪くなっちゃってる幸村、とか
大将となって、自己鍛練の時間が減っちゃってる幸村、とか
このセリフに、色んな萌えが詰まってるんですけどー!


おしまい

関連記事

theme : 戦国BASARA
genre : ゲーム

comment

Secret

案内

※やり込み、考察、攻略等はなく、普通に楽しむ範囲のものになります。

※ライトとヘビーの間。

※最新の記事から見たい方は、上の「ワースレス」からどうぞ。

※リンクに関して切り貼り自由。

※コメントへの返信は遅れがちです。すみません…。

プロフィール

タカムラ

Author:タカムラ


成人済

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
戦国BASARA3 感想
それぞれの感想・プレイ日記へ直接飛べます。

キャラ別 全ルートまとめ →  
伊達政宗
       
       

雑賀孫市
       

真田幸村
        
       O 

石田三成
       
     
慶次・市総括    
伊達軍と武田軍    

※オンマウスで説明出ます。

※伊達・孫市は、まだプレイ初期に書いてるので読みにくいところ多々あり。

※ここにリンクさせてない記事もあります。
お好きな海へ
カテゴリ
since 09/04/29
こっそりマイ殿堂

【殿堂入りキャラ】
・アッシュ・リンクス
・ジタン・トライバル
・麻倉 葉

【殿堂入り作品】
・BANANA FISH
・FF9
・FFT
・バハムートラグーン
・クロノクロス
・タクティクスオウガ
・岡田あーみん全作品



FF9 タクティクスオウガ FFT ch1 岡田あーみん