戦国BASARA3 感想・プレイ日記7 ~伊達政宗戦国絵巻~ 2ルート目・後編


戦国BASARA3 感想・プレイ日記7

~伊達政宗戦国絵巻~

2ルート目・後編

セリフの抜き出しや、ストーリー、エンディングについて語っています。
ネタばれ激しく注意!!!












2ルート目・真田幸村エンディング
前編はこちら(リンク)



6戦目
【石垣原坑道戦】

「やっぱ、半より官だろ」(黒田軍モブ)

ウケた!\(^O^)/

官兵衛がバサラ技発動したとき
前髪がめくれ、ちょっと目が見えたのに
キャッ!てなった自分がいました。



7戦目
【耳川潜伏戦】

なんか、みんなが島津を目指しているらしいです。
この間は、武田の若大将も来たって言ってました。
一戦前の官兵衛が言ってました。

武田の若大将!

つか、若大将・・・笑
セリフで聞いた時はなんとも思わなかったけど
今、キーボードで「若大将」って打ってて、ウケた。
裸の若大将みたいな。

vs島津
「鬼島津、アンタの考えを聞かせてもらう」(伊達)

「先日、オイを訪ねた虎の若子 
 逆境を・・・(書きとれず)しようと努力しておった」(島津)
「フッ そうらしいな」(伊達)

「おまはんもなぜオイを訪ねる」(島津)
「さぁな ただアンタが古きの要に思えただけだ」(伊達)
「おまはんらは既にオイの力などいらんのよ」(島津)


精神的に、支えなのよ!島津は!
必要なのよ!
伊達もこんな態度だけど、リスペクトしてるのよ!

島津も島津で、隠居モードのセリフを吐くので
なんだか哀しいぞ・・・。



8戦目
【大坂・夏の陣 紅】


いよいよ、待ちに待った真田幸村戦!!
セリフ書きとりにも力が入るっつーの!
他の戦に比べて、セリフ書きとりの丁寧さが段違いです。
石垣原坑道戦なんて、見てください。
セリフ、全然書きとってやしない。笑

「come on!見せてみな・・・一国の主の力ってヤツを!」(伊達)

そうそう!主なんだよね!
幸村も!伊達も!!!!
いいなー!主になりたい!(エッ!そっち!?)

「あんたといい大将といい、いやー、若さってのはこれだから!」(佐助)
「どうした?老けいるほどの年じゃねぇだろ」(伊達)


この会話!!きたきたきたーーーー!!!!
佐助と筆頭の会話、大好きです!
なんだろ、乾いた関係っていうか、嫌い合ってる者同士なんだけど
分かってるもの同士というか。

その佐助の、ある種冷酷さを感じる怖いセリフ↓
「一族郎党には伝えとくよ お疲れさん」(佐助)
「大将の足枷になってる場合じゃないんだぜ!」(佐助)


シビア!!

上のセリフは、一見優しそうですが
この「お疲れさん」の言葉でもって、スパーン!と切ってるんですよ
その死にゆく者への感情を。
さて、じゃあ次次~!って感じで。

まぁ、佐助が
「死ぬなぁぁぁ・・・・!!!」って泣き叫ぶキャラでも困るけど。笑

あ、でもやっぱり、これは佐助流の弔いの言葉に思えてきた。

一族郎党には伝えとくよ、って
今にも死にそうなヤツに言うのってどうなの!?って
このセリフを聞いたときは思ったんですけど
(お前はじきに死ぬんだ、って言ってるようなもんじゃないですか)
それでいいのかも。
むしろ、その方が安心して逝けるのかも。

まぁ、セリフを聞いた人の取り方ですね。

8月14日追記
もうすでに死んじゃった兵に対して言ってるかもですね。
死にそうなヤツに向かって言ってるのかと
直感で思っちゃってた。。。



一度占領した陣を奪い返されると、小十郎に怒られます。

「守る事の難しさ それをお分かりか」(小十郎)

いつも守ってもらってすみませんっス!小十郎さん!!

途中で、滑車とかの存在に気付きました。
地道に、道なりにダッシュしてたよ・・・。


「進め佐助 甲斐武田が副将よ!」(幸村)
「副将のつもりはないんだけどなァ」(佐助)

「この俺様が二番手なんて世も末だね」(佐助)
「その男、今や名実ともに武田の副将」(幸村)


もうすっかり副将な佐助。
そして、あくまで裏方志向な佐助。
単に、面倒くさいだけ!?

もはや「俺様、忍なのに目立ちすぎじゃな~い?」
なんてレベルじゃねーぞ。

こんな面倒くさそ~な、いつもダルダル~な佐助の口から
こんなセリフが飛び出しました。

「見限るのが賢いとは分かってても」
「あの人の病を隠し通すのはさすがにね」
「俺様は、病ひとつ見通せなかった
 だから・・・今度は何も見逃さないッ!」


ものすごい後悔の嵐・・・!
佐助も、いつも飄々としてるわけではないんだね!!!
この佐助、すごく人間の情を感じる・・・!

最後のセリフ「だから・・・今度は何も見逃さないッ!」なんて
これだけ見たら、幸村のセリフだよ!
語尾がござる語じゃないから、幸村のセリフっぽくもないんだけど
でも、佐助のセリフでは絶対なさそうだよ!笑

なんか、このセリフ聞いててすごい驚きでした。
佐助のこんなところ、初めて見たな、と。


変わって、キュンときたセリフ↓

「へへ 俺達どうだったですか、筆頭」(伊達軍モブ)

なにこれーーー!!
かわうぃーうぃー!
絶対、筆頭もキュンときたよ!

そんでもって今度は、ちょっと笑っちゃうセリフ。

「小十郎、今のオレは誇れるか」(伊達)
「政宗様、今なんと」(小十郎)
「へっ 何でもねぇぜ!」(伊達)


なんだ、この青春劇は!笑
思わず、笑ったわ!


そして最後、幸村と戦い、勝てたのにあえて引き分けとする政宗様!

「わかってねぇな 楽しみを減らしてどうする」(伊達)

だって!!
粋!!!


おしまい



この最終戦、ものすごく熱かったです。
やっぱりバサラは、この二人の戦いだな~と。
こんな風に、冷静に書いてますけど
戦ってる最中の自分、すごかったですからね。
これだよ、これぇーーーーー!!!!
って、ずっと叫んでましたからね。

バサラプレイの中で、熱くなった戦2位かも。
1位は、英雄外伝の小十郎ストーリー。
の、双竜が一騎打ちする章。

この英雄外伝のストーリー。
もう、すっげ政宗様怒っちゃって
なんで人質おいて、帰ってくるんだよ!と。
そんな政宗様に、自分の身の重大さを考えろよ、と
とうとうキレた小十郎。
音楽も相まって、すごくこの章熱かったです。
熱さナンバー1。

はっ!余談でした。


個人的には、この真田幸村エンディングが
伊達ストーリーの中で王道です。
(あくまで私個人の感想です)

関連記事

theme : 戦国BASARA
genre : ゲーム

comment

Secret

案内

※やり込み、考察、攻略等はなく、普通に楽しむ範囲のものになります。

※ライトとヘビーの間。

※最新の記事から見たい方は、上の「ワースレス」からどうぞ。

※リンクに関して切り貼り自由。

※コメントへの返信は遅れがちです。すみません…。

プロフィール

タカムラ

Author:タカムラ


成人済

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
戦国BASARA3 感想
それぞれの感想・プレイ日記へ直接飛べます。

キャラ別 全ルートまとめ →  
伊達政宗
       
       

雑賀孫市
       

真田幸村
        
       O 

石田三成
       
     
慶次・市総括    
伊達軍と武田軍    

※オンマウスで説明出ます。

※伊達・孫市は、まだプレイ初期に書いてるので読みにくいところ多々あり。

※ここにリンクさせてない記事もあります。
お好きな海へ
カテゴリ
since 09/04/29
こっそりマイ殿堂

【殿堂入りキャラ】
・アッシュ・リンクス
・ジタン・トライバル
・麻倉 葉

【殿堂入り作品】
・BANANA FISH
・FF9
・FFT
・バハムートラグーン
・クロノクロス
・タクティクスオウガ
・岡田あーみん全作品



FF9 タクティクスオウガ FFT ch1 岡田あーみん