大河ドラマ 龍馬伝 第5話「黒船と剣」 感想



大河ドラマ 龍馬伝 第5話「黒船と剣」 感想

ネタばれにご注意くださいね。








おもしろかったシーン

いよいよ黒船がやってきました。
龍馬が黒船を見に行って、「不審」と言われているところがおもしろかったです。

そういや、今回おもしろい個所がちらほらあったような。

佐那(漢字合ってます??汗)がきんつばを龍馬にあげちゃって
佐那の兄が「俺がきんつば好きなの知ってて」みたいなこと言ってるシーンも
おもしろかったです^^。

兄上が、佐那の相手として申し分ない、なんて言ってたけど
その後の龍馬の、剣は役に立たない発言を受けて
もうこれは撤回かな。

おもしろいシーンではないのですが、かっこいいな!と思ったシーンが
竹市先生の「戦ぜよ!」のセリフ(うろ覚え)。
竹市先生、かっこいい!!



黒船見て以来、龍馬は剣の道を極めることに疑問を抱きつつあるわけですが
ここから、本当に龍馬が、剣は戦の手段であるととらえてることが
伝わってきました。

剣の道を極めることで、精神を鍛えるとか士道を貫くとか、そういう精神論ではないんですね。

兄弟

龍馬伝に出てくる兄弟は、とても仲が良くていいですね。
お互いのことをとても思いやってるように思えます。
平井兄妹しかり、千葉兄妹しかり、坂本姉弟しかり。

ちなみに佐那は、町娘(?)なかっこより、胴着で身を包んでいるときの方が
キレイだと思います!
鬼小町万歳・・・!

弥太郎

竹市先生の意見書が取り上げられ、自分の意見書が取り上げられなかった弥太郎の
悔し紛れのうそがすごくいたかったです。
弥太郎、がんばれ!!

しかし、弥太郎の父親、あいかわらずいい味出してんなぁ。
でも、実際自分の父親がこんなんだったら、絶対嫌だけど。笑

ここは、母親が偉大だったんですね。
第4回の本編終了後にやる、龍馬伝紀行でしたっけ?
あそこで、弥太郎の母親が教育熱心だったって紹介されてましたし。

でも父親も、いい反面教師だったのかも。

岩崎家の兄弟は、弥太郎が完全に自分一人で突っ走ってますね。笑
弥太郎が、自分も江戸に行く!と、龍馬にくっついてきたときには
あれ!幼い弟妹はいいのかよ!
って、ちょっとツッコミいれました。笑

時代

ちょっと黒船がきたくらいで、あんなにわーぎゃーなってて
すごく時代を感じます。

今だからこそ「ちょっと黒船がきたくらい」なんて感じですが
当時にしちゃあ、ものすごいことだったんでしょうね。

でも、これ、たった150年くらい前の話なんですよね。
大政奉還が1867年だから、大体そのくらい・・・?
まだまだ最近じゃん!!

私の亡くなった祖父が明治生まれだったので、祖父の祖父、あるいは曾祖父あたりは
この人たちと同じ時代を生きたのかと思うと、
まだまだ近い時代に思えます。

たった150年で、こんなに時代は変わったのに
江戸時代は200年以上続いてても、維新以降の150年とは比べ物にならないほど
変わってないですよね。笑
別に悪いことと言うわけではなく、それはそれですごいことだと思いますが。

冒頭で、200年間戦から離れてて、侍たちは甲冑なんて売り払ってなく・・・
なんてナレーションとともに、甲冑など防具を買い求める人たちの画を見て
前回の大河ドラマ、天地人に思いを馳せました。

あの時代の人たちは、戦に次ぐ戦で、甲冑を着なれてましたものねぇ。
しかも、甲冑でおしゃれしたり、自分の存在をアピールしたり。
すごいなぁ。


おしまい

4話の感想は書きませんでしたが
鬼小町佐那がキレイすぎたのと、ストイック龍馬がよかったです。
ヒゲ桂もよかった。笑

全編通しては、乙女姉やんが好きです。

関連記事

theme : 大河ドラマ
genre : テレビ・ラジオ

comment

Secret

案内

※やり込み、考察、攻略等はなく、普通に楽しむ範囲のものになります。

※ライトとヘビーの間。

※最新の記事から見たい方は、上の「ワースレス」からどうぞ。

※リンクに関して切り貼り自由。

※コメントへの返信は遅れがちです。すみません…。

プロフィール

タカムラ

Author:タカムラ


成人済

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
戦国BASARA3 感想
それぞれの感想・プレイ日記へ直接飛べます。

キャラ別 全ルートまとめ →  
伊達政宗
       
       

雑賀孫市
       

真田幸村
        
       O 

石田三成
       
     
慶次・市総括    
伊達軍と武田軍    

※オンマウスで説明出ます。

※伊達・孫市は、まだプレイ初期に書いてるので読みにくいところ多々あり。

※ここにリンクさせてない記事もあります。
お好きな海へ
カテゴリ
since 09/04/29
こっそりマイ殿堂

【殿堂入りキャラ】
・アッシュ・リンクス
・ジタン・トライバル
・麻倉 葉

【殿堂入り作品】
・BANANA FISH
・FF9
・FFT
・バハムートラグーン
・クロノクロス
・タクティクスオウガ
・岡田あーみん全作品



FF9 タクティクスオウガ FFT ch1 岡田あーみん