戦国BASARA雑記 ~瞬撮!伊達政宗~



地味に続いていた、タカムラ実録日記第3弾。


某日某所、テーブルから落ちたゴミを拾おうと手を伸ばした、まさにその時!



鼻水m1
鼻水m2

ツーと鼻水が出ました。


ほとんど水状態の鼻水だったので、そのままぽたっと床に落ちました。
もちろん床は、そのまま放置してきました。

そんな日々を送っています、タカムラです。


でも、なんでいきなり鼻水が出たんだろう・・・?
別に、鼻水ズルズルだったわけでも全然ないです。

そう言えば新採の頃、研修中に寝てしまい、レジュメの上によだれの水たまりを作りましたが
何食わぬ顔でハンカチを取り出し、何食わぬ顔でよだれの水たまりを吹き
何食わぬ顔でまた寝ました。
このときの私、最高に無駄のないスムーズな動きをしてたと思う




拍手お礼の記事に、拍手押してくださった方々!
ありがとうございます!!
多分これらの拍手は、普段の記事への拍手とはまた違った意味の
温かい拍手だと思っています!勝手に!

普段は
「まぁ、おもしろかったぜ」的な拍手で
(あ、でもこんな上から目線の方はいらっしゃらないですよね・・・!すみません!)
今回の拍手は、応援というか、大丈夫だ!的な拍手だと勝手に思っていて・・・むにゃむにゃ

すいません・・・うまく言えませんが
とりあえず言いたいことは
「ありがとうございます!嬉しいです!」
これに尽きるのでした・・・!

関連記事

theme : 戦国BASARA
genre : ゲーム

comment

Secret

拍手記事にコメしようと思いつつタイミングを逃した柳です こんばんわ笑

タカムラさんの記事とても好きです。大好き
タカムラさんが思った事、感じた事 そのまま書いて下さい
そのままがとても好きです(*^_^*)

そして以前のコメ返しでの言葉が全部嬉しくて…
読んでからずっとニヤニヤしてました。ブログでも書いちゃいました
すみません(>_<) 何か凄く嬉しくて「もう是非是非お気軽にコメして下さいいいいい」とにやけ顔でした◎タカムラさんが柳に思ってくれてた事とか もう本当に嬉しくてやばかったです
お礼を言わせて下さい。本当にありがとうございます!!
また遊びに来ます~!(^^)/

柳さん

ああ!やっぱり!
あの、実はあの記事書いた後、柳さんのおたくへお邪魔させてもらってたんですが
帰ってきたら訪問者リストに柳さんが!しかも、早速記事に拍手が押されてて
こりゃ絶対柳さんが押してくれたに間違いない!と思ってたんです・・・!!!
本当にありがとうございます!!!(T_T)
あの、私も柳さんの書かれる記事が大好きです!!

>ブログでも書いちゃいました

記事中にあった「T」って、私のことでよろしいでしょうか・・・!
ひー!!!私の方がやばいです!!!
そうかな・・・(どきどき)とは思ってたんですが、
いやいや、格下が調子に乗ってはいけない!と自分を戒めておりました・・・!
はぁー・・・ブログ始めてよかった・・・(しみじみ・・・)

コメント、本当に嬉しかったです!
ありがとうございました!これからもよろしくお願いします・・・!!



案内

※やり込み、考察、攻略等はなく、普通に楽しむ範囲のものになります。

※ライトとヘビーの間。

※最新の記事から見たい方は、上の「ワースレス」からどうぞ。

※リンクに関して切り貼り自由。

※コメントへの返信は遅れがちです。すみません…。

プロフィール

タカムラ

Author:タカムラ


成人済

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
戦国BASARA3 感想
それぞれの感想・プレイ日記へ直接飛べます。

キャラ別 全ルートまとめ →  
伊達政宗
       
       

雑賀孫市
       

真田幸村
        
       O 

石田三成
       
     
慶次・市総括    
伊達軍と武田軍    

※オンマウスで説明出ます。

※伊達・孫市は、まだプレイ初期に書いてるので読みにくいところ多々あり。

※ここにリンクさせてない記事もあります。
お好きな海へ
カテゴリ
since 09/04/29
こっそりマイ殿堂

【殿堂入りキャラ】
・アッシュ・リンクス
・ジタン・トライバル
・麻倉 葉

【殿堂入り作品】
・BANANA FISH
・FF9
・FFT
・バハムートラグーン
・クロノクロス
・タクティクスオウガ
・岡田あーみん全作品



FF9 タクティクスオウガ FFT ch1 岡田あーみん