スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国無双2 プレイ日記13 伊達政宗無双演武 第四話感想



戦国無双2 プレイ日記
伊達政宗の無双演武、第四話のセリフ抜き出しとその感想。

セリフをほぼ全部抜き出しています。
ネタばれにご注意くださいね。





つい先日、天地人の関ヶ原らへんの回を見たのですが、
やっぱり西軍、いいですね・・・!
今までの三成像が、すっかり変わりました。

まぁ、今回の主役が兼続で、その兼続が西軍よりの人物なので
三成も、良い風に描かれているのかもしれませんが。

伊達、上杉は関ヶ原に参陣していませんが
こちらはこちらで、長谷堂で死闘が繰り広げられてました。
慶次が出てくるかなと思ったんですが、出てこなかったですね。
出てきたらまた、熱かったのに。

天地人でも
「この首、とって手柄とせよ!」というようなセリフを吐いてました。
実際もそう言ってたんだな~、と思いました。

無双やりすぎて、小早川が裏切らない関ヶ原をたくさんこなしてきたので
天地人の小早川も、もしかしたら裏切らないかもしれない・・・!
なんて淡い期待を持ってしまったのですが
そんなことはもちろんなく、鉄砲打ち込まれて裏切り、
大谷刑部の横っ腹めがけて突撃してました。アイタタタ・・・。

ああ、戦国・・・(意味不明)


さて、前置きも長くなりましたが
伊達政宗の無双演武第四話の感想、いきます。


【大坂の陣】

改易される大名共の中で、細心の注意で地位を保った政宗。
天下を確固たるものにすべく、大坂を攻める!


な第四話。
「細心の注意」なんていう細かな工作、苦手そうだけどね、あの御仁(笑)

ちなみに、タイトルコールの前のセリフがこちら↓
「負け犬どもが・・・勝利者のわしとは格が違うわ!」(伊達)

ちょっと痛々しい。
ここらへんになると、伊達もわかってきてそうです。
試合には勝ったけど、勝負に負けたこと。
犬になり下がった自分と、最後まで義を貫いてる幸村と。

その思いを振り払いたくて
自分に言い聞かせるように、大きい声で言ってそう・・・
と思いましたが、伊達が叫び口調なのはいつものことでしたね笑。

「さて、時勢に逆らう馬鹿どもの相手をしてやるか」(伊達)

出た!長いものには巻かれろ論!

「敵を討ち払え!大坂城に近づけるな」(幸村)
「真田め・・・やりよるわ」(家康)
「この真田丸・・・そう簡単には落とさせぬ!」(幸村)


幸村ーーー!!
幸村が人気武将なの、わかります。
なんかこう、死なないで!ってなります笑
今のプレイキャラは伊達なので、大坂城を攻める側ですが。

幸村を倒すと
「目的は達した 一度退くぞ」(幸村)

「天守を砲撃せよ。準備せよ」(家康)
「豊臣も最期・・・ならば命を惜しむな名を惜しめ!全軍!総力で討って出よ」(秀頼)


今まで私がイメージしてた秀頼は、
城の奥で淀殿といった女たちに囲まれて、気弱で
最後まで戦場に出なかった弱っちい感じで、あんまり好きではなかったのですが
無双の秀頼は、凛々しくていいですね。

VS孫市
「ダチの残した誰もが笑って暮らせる世 壊させはしないぜ」(孫市)
「馬鹿め、秀吉の世 早や破綻しておるわ」(伊達)
「お前にその力はあるのかね」(孫市)
「証明してやる!」(伊達)


ちょっとここら辺、よく聞き取れてません。
上の会話じゃかみ合ってないし、多分書きとれてない抜けてるセリフが
あると思います。

「孫市 わしのもとへ来い!お前の欲した世界をくれてやる!」(伊達)
「夢みたいなことばかり言うガキだな 
 だがもう一度夢に生きて(??聞き取れず)
 一度は消えた命 いいぜ あんたにやろう」(孫市)

「退屈してたんだ・・・政宗、俺を楽しませてくれよ」(孫市)


なんで伊達が、急に孫市誘うのかわかりません。
唐突すぎる。

「私がいる限り豊臣は滅せぬ」(秀頼)

セリフ、熱い。

「泰平のため、わしは多くの狼らを犬に飼い慣らした
 じゃが、犬になれぬあの男のなんとすがすがしきことよ」(家康)

 
信義貫く、それが真田!

長政様が生きてたら、彼もきっと犬にはならなかったと思う。
でも昨日、信玄の無双演武の5話だったか、関ヶ原決戦に長政様が敵として出てきて
信玄に「まっすぐすぎるのも、ときに迷惑」とかって言われてました。
こんなこと言われる長政様が、ちょっとかわいそうだ。

「負け犬に味方するが真田の意地か 安い意地よ!」(伊達)
「幸村愚鈍ならば言葉にて返答あたはず 
 利根なる政宗様には、わが槍をご覧なるべし」(幸村)


この幸村、ちょっと普段と違くないですか??
なんでこんな物言いなんでしょう??
嫌味・・・?
でも嫌味言うようなキャラでもないし・・・。

まあ、かっこいいからいいんですが。

城外に逃れた秀頼を倒すとこのセリフ
「私の死で泰平の世が・・・来るなら・・・」
「豊臣の代、わずか二代で終わるか
 まさになにわの世・・・夢のごとしであったな」(秀頼)


切ない・・・。

豊臣が滅んだのは、秀頼のせいというよりかは
淀殿や大野に原因があったと、自分は認識しています。

VS幸村(?)
「わしは秀吉や家康の下成功してきた
 貴様ら負け犬とは違う!評価されてきたのだ!」(伊達)


時の権力者から評価されることが、人として素晴らしいことかって言ったら
そうでもないわけで。

幸村を倒すとこのセリフ
「こやつ・・・己が信念を貫き逝った 勝利し生き残ったわしは・・・」(伊達)

そして五話に続く、と!

この四話から五話への流れ、一気にいきたいところです!
こう、鉄は熱いうちに打て、じゃないけど笑


伊達政宗 無双演武 四話感想おわり
一話~三話の感想は、カテゴリ「戦国無双」からとぶとあります。
(不親切すみません汗)


関連記事

theme : 戦国無双シリーズ
genre : ゲーム

comment

Secret

案内

※やり込み、考察、攻略等はなく、普通に楽しむ範囲のものになります。

※ライトとヘビーの間。

※最新の記事から見たい方は、上の「ワースレス」からどうぞ。

※リンクに関して切り貼り自由。

※コメントへの返信は遅れがちです。すみません…。

プロフィール

タカムラ

Author:タカムラ


成人済

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
戦国BASARA3 感想
それぞれの感想・プレイ日記へ直接飛べます。

キャラ別 全ルートまとめ →  
伊達政宗
       
       

雑賀孫市
       

真田幸村
        
       O 

石田三成
       
     
慶次・市総括    
伊達軍と武田軍    

※オンマウスで説明出ます。

※伊達・孫市は、まだプレイ初期に書いてるので読みにくいところ多々あり。

※ここにリンクさせてない記事もあります。
お好きな海へ
カテゴリ
since 09/04/29
こっそりマイ殿堂

【殿堂入りキャラ】
・アッシュ・リンクス
・ジタン・トライバル
・麻倉 葉

【殿堂入り作品】
・BANANA FISH
・FF9
・FFT
・バハムートラグーン
・クロノクロス
・タクティクスオウガ
・岡田あーみん全作品



FF9 タクティクスオウガ FFT ch1 岡田あーみん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。