ONE PIECE アニメ感想 「ハンコックの告白 姉妹の忌まわしき過去」


ワンピース アニメ感想

「ハンコックの告白 姉妹の忌まわしき過去」
の感想です。

※ネタばれ注意

どうぞ~ ↓↓




武々が終わり、
ルフィの行きたいところへ船を出す望みと
石化を解く望み、
どちらか一方を選べというときの、蛇姫の顔が本当に悪顔でした笑
「本性をさらせ!」のときの顔。

ルフィは迷うことなく、石化を解いてくれと頭を下げます。

ニョン婆が
「あれ程の覇気を持つ男が、恩人のために頭を下げるとは」
と言いますが
そういうことができる男だからこそ
人の上に立てる「王の資質」があるんじゃないかなーなー、
と思ってみた。

で、その後、九蛇城に呼ばれ、3姉妹の忌まわしき過去が語られるのですが。

ルフィの
「戦いの後のお食事というわけですかねぇ」
のセリフがかわいくてたまりません。

そして、蛇姫の裸を見ても動じないルフィが素敵すぎます。
でも、背中見せるんであれば
あんな前を「ばーん」と見せる必要はないよね、っていう。
いや、全然見せてくれちゃった方がいいんですけど!笑

3姉妹が人攫いにさらわれたときの描写が細かく描かれていました。

小さい時の3姉妹、かわいいな!!

声とか幼い!

しかし、さらわれた後は本当に悲惨だったようで・・・。
ハンコックが語ってる最中、ソニアが悲鳴をあげて取り乱したり
ハンコックもとても辛そうにしてるのをみて
ルフィが
「無理すんな!いいよ話さなくて」
と言います。

以前のルフィだったら
「お前の過去なんか興味ねぇよ。」って感じで
鼻くそでもほじってそうじゃないですか??

なので、結構このルフィに成長を感じます。

ウケたセリフは
「わかった。ぼんやり」笑
ぼんやりわかったんだ!?笑

そして今週ツボだったのが
顔をちょっと赤らめて照れくさそうな蛇姫 ↓↓
蛇姫60



そして来週はハーレムルフィだ!!

関連記事

theme : ONEPIECE
genre : アニメ・コミック

comment

Secret

こんにちは!
私もワンピース大好きでアニメも毎週見てます。

今日のハンコック最後可愛かったですね(*^o^*)
私はルフィ×ナミ派なので応援はできないですが…ルフィにラブラブなハンコックは本当に可愛らしいので好きです(笑)
これからもワンピースの感想楽しみにしてます♪

ナツミさん

初めまして!こんにちは(*^_^*)
コメント頂けて嬉しいです!

ナツミさんもワンピースのファンですか!?
おもしろいですよね!(^^)

最後のハンコック、かわいかったですよね~。
私もルナミ派です♪
(雑食なので、サンナミ・ゾロナミもいけちゃったりしますが汗汗)
表記がわからないんですが、ハンコック→ルフィ×ナミが、最近自分の中で
嵐となって吹き荒れています笑。

ナツミさんは、毎週アニメを見てらっしゃるのですね(゜o゜)おおっ!
私は、実に何年かぶりにアニメを再び見始めたので
たまにトンチンカンな事を書くかもしれませんが(笑)、どうぞよろしくです!

コメントありがとうございました!!
案内

※やり込み、考察、攻略等はなく、普通に楽しむ範囲のものになります。

※ライトとヘビーの間。

※最新の記事から見たい方は、上の「ワースレス」からどうぞ。

※リンクに関して切り貼り自由。

※コメントへの返信は遅れがちです。すみません…。

プロフィール

タカムラ

Author:タカムラ


成人済

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
戦国BASARA3 感想
それぞれの感想・プレイ日記へ直接飛べます。

キャラ別 全ルートまとめ →  
伊達政宗
       
       

雑賀孫市
       

真田幸村
        
       O 

石田三成
       
     
慶次・市総括    
伊達軍と武田軍    

※オンマウスで説明出ます。

※伊達・孫市は、まだプレイ初期に書いてるので読みにくいところ多々あり。

※ここにリンクさせてない記事もあります。
お好きな海へ
カテゴリ
since 09/04/29
こっそりマイ殿堂

【殿堂入りキャラ】
・アッシュ・リンクス
・ジタン・トライバル
・麻倉 葉

【殿堂入り作品】
・BANANA FISH
・FF9
・FFT
・バハムートラグーン
・クロノクロス
・タクティクスオウガ
・岡田あーみん全作品



FF9 タクティクスオウガ FFT ch1 岡田あーみん