29年1月に読んだ本



2017年1月の読書メーター
読んだ本の数:13冊
読んだページ数:3594ページ
ナイス数:149ナイス

ランチのアッコちゃんランチのアッコちゃん感想
現実はこんなにうまくいかないよ…と思いつつも、アッコさんのような上司ほしいとか思っている自分がいる笑。行間で三智子と笹山が付き合うようになったり会社がつぶれたりと、とにかく展開が早くてテンポがよい。マンネリな日常も、視点を変えてみれば充実した日々になるのかなと前向きな気分にさせてくれる1冊。蛇足的感想としては、アッコさん、田島くんと付き合えばいいのにと思ったり。
読了日:1月29日 著者:柚木麻子
神様の御用人 (5) (メディアワークス文庫)神様の御用人 (5) (メディアワークス文庫)
読了日:1月23日 著者:浅葉なつ
神様の御用人 (4) (メディアワークス文庫)神様の御用人 (4) (メディアワークス文庫)
読了日:1月21日 著者:浅葉なつ
幹事のアッコちゃん幹事のアッコちゃん
読了日:1月20日 著者:柚木麻子
まにまにまにまに
読了日:1月19日 著者:西加奈子
たそがれビール (幻冬舎文庫)たそがれビール (幻冬舎文庫)
読了日:1月17日 著者:小川糸
県庁おもてなし課県庁おもてなし課感想
こういうサクセスストーリー(というにはまだみち半ばという感じだけど)、大好きです。しかし、清遠さんの扱いは、ちょっとひどすぎるんじゃ…。器が大きすぎるよ、清遠さん…。職業柄、吉門の指摘には耳が痛いことばかりだった。そして、恋愛が絡む話で、そのカップルが好きになれないと読むのがツラいと思った。ちなみに、吉門が「あんたの娘をくれ」と言ったあたりはニヤニヤが止まらなかった。
読了日:1月15日 著者:有川浩
王妃の帰還王妃の帰還感想
スクールカーストがすごく特徴的に書かれているのと、セリフまわしが古いのとで、あまりリアリティが感じられなかったんだけど、カトリック系の私立女子中学ってこんな感じなのかしら…??「そうよそうよ」ってセリフ、現実には聞いたことないけど笑。思春期の女の子の心の機微は丁寧に描かれていて、そこはリアリティがあった。ただ、範子の母が、芸能人の個人情報をばらしまくったり、「色紙を用意できる」とか言ってるところは、多少違和感を感じた。しかし、スーさんはともかく、リンダさんやチヨジの変わり身の早さにはびっくりだ。
読了日:1月14日 著者:柚木麻子
何者何者感想
主人公拓人が一番イタいやつだったというオチ。確かに、隆良たちのやってること、言ってることはイタいことが多いんだけど、拓人も大概こじらせてるなぁと思ってたら、まさかの5年生ときて、そこから理香ちゃんの怒涛の攻めに、読んでるこっちがやめてあげて…と涙目になったり笑 拓人自身、光太郎のことを「ピエロになれるけどバカじゃない」と評してるあたり、拓人の嫌なところに光太郎は薄々気づいているんじゃないかとも思うんだけど、「拓人に内定がでないのがわからない」ってセリフは、きっと本心から言ってるんだろうなぁ。
読了日:1月14日 著者:朝井リョウ
夜行夜行感想
作者の真骨頂とも言うべき、日常と非日常が交差するストーリー。個人的な印象だけど、他の作品と比べて、不気味さ2割増し…といった感じ。大橋くん以外死んでるんじゃ…と思っていたら、まさかの展開で、まるでメビウスの輪のよう。各地の情景が話に彩りを添えるんだけど、天竜峡と尾道に少し興味を引かれた。
読了日:1月9日 著者:森見登美彦
私は存在が空気私は存在が空気感想
超常現象ものばかり集めた短編集だけど、超常現象そのものに特に思うところはなかった。むしろ、「少年ジャンパー」では、あいかわらず底辺にいる者の気持ちが鋭く描かれていたし、「私は存在が空気」では、どんでん返しにより、あいかわらず読む者に衝撃を与えてきた。たった数ページでおわる「恋する交差点」だけ、すこし毛色が違うような気がする…。
読了日:1月9日 著者:中田永一
レインツリーの国 (新潮文庫)レインツリーの国 (新潮文庫)感想
色々勉強になった本。読みながらひとみの置かれている環境について色々考えたり、時にはうるっとしたりしたけど、単純に恋愛小説として楽しいしおもしろかった。それだけでいいような気もする。それにしても、有川作品の男性はいい男ばかりだなぁ。二塁打ナナコにちょっとだけぐらつくあたり、リアルっぽい笑
読了日:1月6日 著者:有川浩
桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)感想
インパクトのあるタイトルだけど、正直、桐島が部活やめたことあんまり関係ないよね、という部分もあったり。。。でも、青春群像ものでとてもおもしろかったし、また解説にもあるように、作者が19歳のときに書かれた作品ということにとても驚く。ホント、客観視すごい…。かすみと前田、菊池と前田のその後がみたい。
読了日:1月4日 著者:朝井リョウ

読書メーター



theme : 最近読んだ本
genre : 本・雑誌

案内

※やり込み、考察、攻略等はなく、普通に楽しむ範囲のものになります。

※ライトとヘビーの間。

※最新の記事から見たい方は、上の「ワースレス」からどうぞ。

※リンクに関して切り貼り自由。

※コメントへの返信は遅れがちです。すみません…。

プロフィール

タカムラ

Author:タカムラ


成人済

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
戦国BASARA3 感想
それぞれの感想・プレイ日記へ直接飛べます。

キャラ別 全ルートまとめ →  
伊達政宗
       
       

雑賀孫市
       

真田幸村
        
       O 

石田三成
       
     
慶次・市総括    
伊達軍と武田軍    

※オンマウスで説明出ます。

※伊達・孫市は、まだプレイ初期に書いてるので読みにくいところ多々あり。

※ここにリンクさせてない記事もあります。
お好きな海へ
カテゴリ
since 09/04/29
こっそりマイ殿堂

【殿堂入りキャラ】
・アッシュ・リンクス
・ジタン・トライバル
・麻倉 葉

【殿堂入り作品】
・BANANA FISH
・FF9
・FFT
・バハムートラグーン
・クロノクロス
・タクティクスオウガ
・岡田あーみん全作品



FF9 タクティクスオウガ FFT ch1 岡田あーみん