スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ ワールドトリガー 第17話「ボーダー正式入隊」感想



アニメ ワールドトリガー
第17話「ボーダー正式入隊」感想


ネタバレにご注意を。






今週もおもしろかった、アニメ ワールドトリガー。
題名通り、悠真と千佳ちゃんの、ボーダー正式入隊の話でした。

修がボーダーに入って何年になるのか知らないけど
この子、最近ガンナーでいく、って決めましたよね。
これ、遅くないのかな??

今回の入隊式ですでに
アタッカー・ガンナー組とスナイパー組に分かれさせられてたので。
確かに、アタッカーでいくか、ガンナーでいくかの別までは
この時点では求められてないけどさ。



あと、ボーダーって、どうやったら入れるんでしょ??
志願?スカウト?

アニメ始まったばっかの頃の話で、修のクラスメイトが
ボーダーかっこいい!みたいな発言してて
志願制だったら、こんなふうに言ってる子も
みずからボーダーに入ればいいじゃん、みたいな。

まぁ、ファン心理と、それになりたいという気持ちは、イコールじゃないけど。

スカウトだとしても、千佳ちゃんのところにスカウト来てないのおかしいし。
そもそも、リアル世界で言う知能テストよろしく
ある年齢の時点で、トリオン量を全国一斉調査する、みたいなこともなさそうだし。

これから考えると、志願制の方が、可能性高いかな。


志願制だとして、
志願は、全国から受けつけるのだろうか。
戦闘員は、C級含めても数百人規模っぽいし
全国からではなく三門市だけに限ってるとしても、おかしくはないんだよなぁ。



つか、ボーダーって国の機関ではなさそうなんだけど
このへんの関係、どうなってるの??
結構、好き勝手やってそう、っていうか
城戸指令のワンマンっぷりが目立つなぁ、と。

エヴァだと、国とのしがらみが結構あったじゃないですか。
ワートリ世界では、そういうのなさそうですね。
なんか、三門市が自治区みたくなってる。。。

つか、この辺、話中で説明ありましたっけ??
アニメ派だから、過去に説明されてても、忘れちゃってる可能性大(^^ゞ



で、全然、感想になってないんですが
えっと、千佳ちゃんが銃を撃ったときの佐鳥先輩が、超絶おもしろかったですww

「3、2、1 ファイヤー!・・・えぇ~ー!?」

みたいな。笑
ほっぺた、風圧でつぶれてた(?)し。

あの、いばってたC級隊員が、「嵐山隊は顔で選ばれた」って言ってたけど
えと…こう言っちゃあナンですが
トッキーと佐鳥先輩も??

いや、普通にキャラとしては好きですよ!
でも、イケメンキャラとしての描かれ方じゃないじゃないですか。
他にも公式イケメンキャラ、いるわけだし。
烏丸先輩とか、奈良坂とか。

トッキーとか、絶対広報向けの性格じゃないと思うんだけど笑
そのへんは、むしろ佐鳥の方が向いてそう。



烏丸先輩は、いつもバイトばっかしてるけど
ボーダーって、お給料出ないの??
C級はいいとしても、正隊員であるBからは、出なきゃダメでしょ。

つか、任務もこなし、バイトもしてて、いつ勉強してんだよw



次回予告の中で、風間さんのことを「小型で高性能 クールな21歳」って
画面両脇に書いてあって吹いたw
クールはいいけど、小型で高性能て。

あと、今回の「ワールドトリガーを100倍楽しむ講座」は
おもしろかったなぁv
烏丸先輩w

スポンサーサイト

theme : アニメ・感想
genre : アニメ・コミック

ワールドトリガー感想


ワールドトリガーが、今自分の中で、すごく熱いです。
ちなみに、アニメのみ。

以下、ネタバレにご注意を。





初めはそんなでもなかったんだけど
三輪隊と戦った頃から、おもしろ!ってなって
最近の、迅・嵐山隊vsA級トップチームの戦いで、どハマりしました。

なんだろ、ジャンプのマンガって
戦闘シーン入れると読者の反応がいい(掲載順位上がる)とか言うけど
あれ、自分もそのパターンだったのか?と。

自分、むしろ、戦闘シーン嫌いっつか
日常ほのぼのシーンの方が好きだったりするので
今回の、戦闘シーンからの転がり落ち方は、なんだろうなぁ、と。

思ったのが、肉弾戦で、なんの戦略性もなくボコスカ戦ってるのは好きじゃないんだな、と。

ワートリは、それぞれのポジションがあって、
考えながら戦ってる感じが、すごくいいです。

そして、誰もが考えるであろう、自分だったら何ポジションがいいか。
私は、スナイパーかなぁ。
最前線よりかは、後方でコソコソ支援してたいです。笑
同じ理由で、オペレーターも可w

ゲームしてても、遠距離攻撃系の武器、好きだしな。
シミュレーションRPGで言う、銃とかまさに。



ただ、戦闘シーンや、合間に挟まれる栞ちゃんの解説を見て思ったのが
カメレオンだの、あのレーダーに感知されなくなるバックワーム(でしたっけ??)だのって
トリオン兵との戦い用というよりかは
対人用の装備って感じがします。

戦い方とかも、みんな対人の戦闘に慣れすぎだし
人対人で模擬戦闘とかもしてるみたいだし、千佳ちゃんの訓練時の的も人型だし。

つーことは、向こう側に行って
トリオン兵じゃないネイバー(悠真みたいな「人」)と戦うこと前提、って認識でオッケー??

それにしては、遠征で行ける人は、超少数エリートだけだし。。。
そもそも、戦いをしに遠征に行ってるのかどうかもあやしい。。。
遠征の目的って何??
明言されてましたっけ??

C級とは言え、ボーダー隊員だった修でも、ネイバー=トリオン兵と思っていて
悠真のような「人」がいるなんて知らなかったわけですよね??
玉狛支部に来るなど、ちょっと特別待遇っぽい悠真と千佳ちゃんは別にして
B級くらいにならないと、普通はこういうことも知らないのかな。
B級やC級といった、級の扱いが、いまいちよくわからないです。

この辺の矛盾は、さらっと雰囲気で読んで流すべきなのか
それとも、まだ明かされていない事情があるのか。
う~ん、もやもやする。



話を戻すと
戦闘シーンから、新キャラが目立ち始めたというか
三輪隊だの、太刀川隊、風間隊だのが出てきて
話が広がり深みが出て、好きなキャラも増えて、それでおもしろくなった感じがします。

ネットで見たら、太刀川は3巻で初登場って書いてあったので
こりゃ、打ち切りの心配がなくなり、長期連載を意識しての、新キャラ出しかな、と
穿った見方をしてみたり(^^ゞ

ただ、たくさんキャラが出てきたけど
初めから一貫して一番好きなのは、迅です。
飄々としているキャラ、好き。

ただ、好きなキャラあげるとキリがなく
なので、よくみんな誰推しとかいって、一人に絞れるなぁ、と感心します。

だってですよ?
玉狛支部のA級隊員全員好きだし(もちろん支部長も)
太刀川さん、風間さん、三輪、奈良坂、佐鳥、出水、この辺、全員好きで
あと、幹部の忍田さんや、スポンサー集め担当の人(名前覚えてない)も好き。
こんな感じで、節操ない上に、まとまりないです。

つか、玉狛支部の烏丸先輩(なぜか先輩呼び)って、A級で合ってました??



玉狛支部って言えば、支部ってここだけなんですかね??
他にも支部あるのかな。
幹部会議みたいなのに出てる支部長は、玉狛支部長だけなので
玉狛だけなのかなぁ、とは思ってるんですが。

つか、なんでこの支部だけ??
そしてこの規模。(小さすぎ)
距離感。(物理的にも精神的にも)
ボーダー創設時に何かあったのかな。

物理的距離感なんて書いたけど、同じ市内って勝手に思ってるんだけど
違うかな。
一応、三門市内じゃないと、ネイバーと戦うのに不都合かな、と。
あの川も、三門市内を流れてる川っぽいと、勝手に解釈。



長くなったので、ここらへんで。

theme : アニメ・感想
genre : アニメ・コミック

案内

※やり込み、考察、攻略等はなく、普通に楽しむ範囲のものになります。

※ライトとヘビーの間。

※最新の記事から見たい方は、上の「ワースレス」からどうぞ。

※リンクに関して切り貼り自由。

※コメントへの返信は遅れがちです。すみません…。

プロフィール

タカムラ

Author:タカムラ


成人済

カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
戦国BASARA3 感想
それぞれの感想・プレイ日記へ直接飛べます。

キャラ別 全ルートまとめ →  
伊達政宗
       
       

雑賀孫市
       

真田幸村
        
       O 

石田三成
       
     
慶次・市総括    
伊達軍と武田軍    

※オンマウスで説明出ます。

※伊達・孫市は、まだプレイ初期に書いてるので読みにくいところ多々あり。

※ここにリンクさせてない記事もあります。
お好きな海へ
カテゴリ
since 09/04/29
こっそりマイ殿堂

【殿堂入りキャラ】
・アッシュ・リンクス
・ジタン・トライバル
・麻倉 葉

【殿堂入り作品】
・BANANA FISH
・FF9
・FFT
・バハムートラグーン
・クロノクロス
・タクティクスオウガ
・岡田あーみん全作品



FF9 タクティクスオウガ FFT ch1 岡田あーみん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。