オタク的総括2009 雑記 



今年も、今日で終わりですね。

一年一年があっという間です。
割と、一日とか一週間は長いんだが。

仕事も28日が仕事納めで、29日から3日までお休みです。
年明けから、丸々一週間あるのがつらいなぁ。

一昨日は出かけましたが、昨日は一日FF13をやってました。
本当は、一昨日も出かけたくなかったくらい。(ダメな人)
もっと言えば、3日まで家から出ないで
一日中FF13やってたいんだけど、だめですか・・・?笑


今日が最後ということで、この一年をオタク観点から振り返ってみたいと思います。


1月 ディシディアファイナルファンタジー

2月 ディシディアファイナルファンタジー

3月 ディシディアファイナルファンタジー

4月 職場で異動
    ブログ開始
    戦国BASARAバトルヒーローズ
    アニメ戦国BASARA

5月 戦国BASARAバトルヒーローズ
    アニメ戦国BASARA

6月 戦国BASARAバトルヒーローズ
    アニメ戦国BASARA

7月 戦国BASARAバトルヒーローズ

8月 録りためていた天地人を見始める

9月 モンハン(PSP版無印)一週間で行き詰まりやめる
    戦国無双2

10月 戦国無双2

11月 戦国無双2

12月 戦国無双2
    ファイナルファンタジー13(現在進行中)


大体、今年のゲーム歴はこんな感じ。
あんまりやってないですね。

ディシディアも、去年の年末商戦で仕掛けられ
まんまと釣られましたが、今年もスクエアに釣られました(^^ゞ

FF13の周辺作品のアギトだのヴェルサスだのの発売が、
戦国BASARA3と、時期が重ならないといいんだけど。。。

ちなみに、戦国BASARAって書いてないときも、バサラ熱は平成20年4月からずっと継続中です。
これ↑だけは言っとかなきゃと思いまして。^^

天地人ですが、さきほど遂に最終回を観終わりました!
最後の終わり方はあっけなかったなぁ。
しかも、最終回はちょっと冗漫な感じがしないでもない。
あれ、拡大せずに、普段の45分でおさめてもよかったんじゃないかな。

年間通しては、秀吉が天下人になった頃から関ヶ原までが
一番緊迫感があっておもしろかったです。

最終回の一回前が、大坂の陣だったんですが
戦いの描写もほとんどなく、関ヶ原に比べてさらっと流された感じ。
血みどろの合戦(cfバサラモブ笑)の描写なんぞは、全然ありませんでした。

結構、大河ドラマの戦の描写って、キレイですよね。
CEROで言うならBくらい。笑
この間、ラスト○ムライ見て、特にそう感じました。
ラ○トサムライは、CERO C?笑

そう!ラストサ○ライですが!
これ、めっちゃいい映画ですねーーー!
初め、戦国じゃなくて明治か~なんて感じで観てたんですが、もう・・・いい!!
やっぱ、渡○兼、好きです。

以前、年末によくテレ東が、
10時間くらいぶっ続け(途中にニュースとかははさんでたけど)の時代劇をやってて
何年か前に、浅田次郎原作の新撰組の話をやったんですが
その主演が○辺兼で、あのときも、この人好きだわ~と思いました。

テレ東、今年は2日に長時間時代劇やるみたいですね。
柳生武芸帳?
柳生って言ったら、もう九ちゃん(銀魂)しか思い起こせない。笑


来年の予定ですが、

・アニメ戦国BASARA(二期)
・戦国BASARA3
・FF13 周辺作品

です。
「来年の予定は、アニメ戦国BASARAです」とか、意味不明すぎ。
でも、伝わると信じています。笑

あとは隙をみて、無双OROCHIとかやってみたいです。
でも三国、やったことないからな。。。

三国に手をつけない理由が、
「キャラの名前が難しくて覚えられそうにないから」なんですが、
それ言ったら、友達にすっごい笑われました。
ふり仮名ついてるよ、って。

え!そうなの!?
でも、激・戦国無双(PSP)ではついてなかったよ!?

激・戦国無双で、いきなり三国のキャラがでてきたときは
かなり驚きました。
え!何、このヒラヒラ衣装の人たち!世界観ぶち壊しなんだけど!
って。笑

     
当ブログ、日記的な記事を書かないので(書くネタがないから(T_T))
季節感のないブログでしたが、一年の最後くらいはきちんとご挨拶を、、、
と思って書いたら、こんな記事。^^;


いつも覗いてくださってる方々、
今年一年ありがとうございました。
来年も、どうぞよろしくお願いいたします。


FINAL FANTASY13 プレイ日記+感想 4



FINAL FANTASY13のプレイ日記、感想。

以下、ネタばれ上等な内容が始まります。

ご注意くださいね。

ちなみに、8章の途中までの内容になります。






前回の記事のあと、今日5時間ほどプレイしたんですが
章がひとつしか進んでないって、どういうことだい??笑

ストーリーは、今8章の途中です。

ノーチラスでサイコムに捕まり、ヴァニラがパルスのルシだってことがわかり
サッズは怒りをぶつけるも、召喚獣が襲ってきて共に戦う!
ってなところ。

その召喚獣戦で、手こずっています。

ライトニングのオーディン戦も2回ほどリスタートしました。
ライトニングのときもそうでしたが、死の宣告の時間切れに苦しみます。
召喚獣のあのゲージ、なかなかたまらないんですよねぇ・・・。


ストーリーですが、サッズもライトニングも
ファングとヴァニラがパルスのルシで、今回のパージの発端になったことがわかると
二人に対して怒りをぶつけていましたが
仕方ないじゃ~ん(>_<)
と思いました。

特に、ライトニングはファングのことを殴ったので
え、殴っちゃうんだ・・・
と、少々びっくり。

逆に、ファングは「一発?」なんて言って
なんて素敵な姐御なんだ・・・!
と、一気にファング姐さんファンになりました。^^

言葉遣いが乱暴なところも、またいい!

でも、やっぱり一番好きなのはライトニングです。
二番目がファング。

好きキャラはそれくらいかな。
シドも好きです。

ただ、ライトニングとファングって、少しキャラかぶっちゃってません??笑
こう下の子を大事にしてるところとか。


ホープの親父さんがなかなかの人物で、ほっとしました。
一体ホープは何が嫌で、父親を嫌っていたのか・・・?笑

ただ、最後親父さんをしばって、エストハイム邸に置いていっちゃいましたよね。
脅されて仕方なく匿った、という体裁を取るために。

でも、ルシと接触した人はパージ対象になるんだから
あそこは連れていった方が良かったんじゃないかな??
ロッシュ連中を倒した後に現れた人や飛空艇は、どうやら仲間みたいだし。
シドの一派かな?


さてと、これからまた召喚獣戦、頑張ってきます・・・!

theme : FF13 ファイナルファンタジー13 について
genre : ゲーム

FINAL FANTASY13 プレイ日記+感想 3



FINAL FANTASY13のプレイ日記、感想。

以下、ネタばれ上等な内容が始まります。

ご注意くださいね。

ちなみに、7章までの内容になります。







現在、7章までいきました。
段々、仲間が一ヶ所に終結しつつあります。
あ、でもサッズとヴァニラのコンビは、逆方面に向かってるんでした。

具体的には、エデンに乗り込もうとするライトニングとホープが
パルムポルムでサイコムの連中に捕まりそうになり、そこをスノウとヲルバに助けられ、
二手に別れてしまった今、ホープの自宅で落ち合おう!
ってなところ。

余談ですが、パルムポルムのことを、いつもパロムポロムと読んでしまいます。
FF4の双子、パロムとポロムの名前に似てるので。(^^ゞ

前回、自室のアナログテレビでプレイしてるので、オートクリップ内を読もうと思っても
字が潰れてしまって読めない、と書きましたが
今日、リビングのプラズマテレビでプレイして、ようやくオートクリップ内の
「物語」だとか、「人物」の項を読むことができました。

ふむふむ、なるほど。。。

異跡はボーダムで見つかったのに、なぜライトニングはパージ列車で
ハングドエッジに向かったのか謎だったんですが、オートクリップ内の「13日間」を
読んで、ようやくわかりました。

異跡自体、ハングドエッジに運ばれていたんですね。
あれ、違う・・・?;

あとファルシも、ファルシ=エデンだけかと思っていたんですが
たくさんいるんですね!

それぞれのファルシに、今までのFFシリーズの召喚獣の名が冠されていました。
ってことは、ファルシの名前になっているものは、召喚獣としての登場はないってことかな??

カーバンクルは、すでにファルシの名前として出てきたので、
今後、召喚獣として出てこないのかな・・・。
結構好きな召喚獣だったので、ちょっと残念です´v`=3


戦闘スタイルですが、大体以下のような感じです。


【メンバーがスノウ・ホープ時】

初期オプティマ・・アタッカー・ブラスター
回復が必要なとき・・・アタッカー・ヒール
少々強めの敵がいるとき・・・アタッカー・エンハンサー
最高にピンチなとき・・・ディフェンダー・ヒール

スノウの代表的ロール、ディフェンダーを使っていない笑


【メンバーが、ヲルバ・ライトニング時】

初期オプティマ・・・アタッカーアタッカー
強敵がいてチェーンを稼ぎたいとき・・・ジャマー・アタッカー 後→ アタッカー・ブラスター
回復が必要なとき・・・アタッカー・ヒール
最高にピンチなとき・・・ディフェンダー・ヒール

先手必勝な、アタッカー・アタッカーの組み合わせ。笑


最高にピンチなときのオプティマですが、保険をとってオプティマ編成に入れていますが
ほとんど使いません。
大体、上三つのオプティマで乗り切ります。

で、これ見て頂くとわかるように、私、ものすごい攻撃重視派です。笑

今は、ネタばれが怖くてネット徘徊できていませんが
クリアしたら、他の方々のプレイ方法とか見てみたいです。

オートクリップの「物語」の「1章」「2章」とかの枠が、全部で13行なので
全13章仕立てかなと睨んでいるんですが、
だとしたら、今7章なので、大体半分進んだ計算ですね。

ちなみに、プレイ時間は17時間ほど。

早く、ストーリーを進めたいです。
これぞ、RPGの醍醐味!

theme : FF13 ファイナルファンタジー13 について
genre : ゲーム

FINAL FANTASY13 プレイ日記+感想 2



FINAL FANTASY13のプレイ日記、感想。

以下、ネタばれ上等な内容が始まります。

ご注意くださいね。

ちなみに、5章までの内容になります。






この土日で、ようやく5章まで進みました。
ネタばれしないよう、慎重に慎重を重ねてサイトさんを見てみると
もう、クリア直前の方とかいてびっくりです。

大体RPGだと、私の場合40時間から50時間を、クリアまでに費やすのですが
発売から一週間そこらで、もうそんなにプレイををを!!??
そのサイトの管理人さんは社会人なので、ますますびっくりです。

やり込み等せず、クリアを一直線に目指したら、そんなに時間はかからないのかな??


さて私の方はというと、前述のとおり、まだまだ5章。
改造ができるようになったのと、戦闘面では召喚獣を使えるようになりました。

改造ですが、これ、戦闘を重ねて経験値をためるのではなく、
素材を使って改造することで、経験値がたまるんですね。

私は、エリクサー残ってなんぼのもんじゃい!派
(貴重品等大事にしすぎて、結局使わないままクリアしてしまう)
なので、なかなか改造できずにいます。

あとでもっといい装備品が手に入ったら、そっちに素材をつぎこも~
なんて思ってるので、改造できないできない^^;

きっと、ものすごいレアアイテムができる改造とかあるんでしょうね。
そのへんは2周目で、攻略サイトさんに頼りつつ、極めようと思います。


戦闘ですが、個人的にはなかなかおもしろくて好きです!
状況に応じてロール(役割)を変えるというのが、楽しい。

初め、そんなの関係ねぇ!とばかりに、
ライトニングはアタッカーでずっといくZE!と息巻いていたんですが、
それじゃあ勝てないんですね・・・。
普通のザコ戦でも、サポートをしっかりしないと死んじゃったり・・・。

プロテスとかシェルなんて、今までのFFシリーズのザコ戦では
使ったことなかったのに・・・。
ボス戦では使っていましたが。

オプティマ編成も、様々な組み合わせができるので、それに悩み
さらに、戦闘時にスムーズに選択できるように、配置に気を配ったりと
なかなか奥が深いです。
でもそれが楽しい^^。

戦闘時にもたもたしてると、それだけでスコアが下がりますからね。(>_<)
そういう意味で、戦闘は緊張を強いられます。

あと、クリスタリウムについて考えるのも楽しいので
何かっちゃ、メインメニュー開いて、そこでああでもないこうでもないってやってるので
なかなか話が進みません。笑


召喚獣は、チュートリアルで使って以来、一回も使用していないです。
TPがなかなか回復しないので、
ついつい、後々のライブラのために、TPの消費をケチってしまいます。

って言うか、召喚獣の使い方がよくわかりません


音楽ですが、中ボス戦の音楽が好きです。
耳に残ってるのは、これくらいかな。
それでも、音が複雑すぎて口ずさんだりなんかはできないけど。


ストーリーですが、多分2周目では、セラとスノウ関係のムービーは
全部スキップすると思います。
スノウが、ことあるごとに「セラ、セラ」言ってて、ちょっと食傷気味。。。
ライトニングの方が、よっぽど不言実行だぞ。

ま、ここらへんはそれぞれ意見の違いもあると思うので、このへんで。汗
個人的な意見なので、気になさらないでください。m(__)m汗

「セラ」の読み方なんですが、私は「ラ」の方にアクセントを置いていたんですが
本当は「セ」の方にアクセントを置くんですね。
思ったんですが、私のような「ラ」にアクセントを置く読み方だと
苗字の「世良」さん的な、日本名みたいな感じになっちゃいますね。笑

シドが出てきました!しかも、リンドブルム!
これって、FF9ネタですか??
他のシリーズネタ見ないし、違うかな?

しっかし、シリーズ中、一番のイケメンシドですか?笑
FF11はやったことないので、わかりませんが。


13日間が段々明らかになってきて、ストーリーもおもしろくなってきました。
ただ今までのところ、かなり一本道な展開なので
少しストレス。
早く、広いフィールドを歩き回りたいです。

theme : FF13 ファイナルファンタジー13 について
genre : ゲーム

戦国BASARA 自由合戦 松永戦線を斬りぬけろ! Part3



戦国BASARA2 英雄外伝 の自由合戦のプレイ日記・感想。

~松永先生が、各武将に対してどんなセリフを吐くのか書きとってみたよ~
をテーマにお送りする第三弾。

セリフの書き出しがあるので、ネタばれにご注意ください。





検証合戦・・・人取橋の戦い

セリフ書きとり順序ですが、キャラ選択時の並び順(左上から右下にかけて)です。
一回では全キャラ紹介できないので、何回かにわけてご紹介。
今回は、キャラ選択時の三行目のキャラたちです。


固有セリフを言う個所が2か所あるので
そこの抜粋になります。


「卿の兵を捕虜に頂いた なに、取るに足らない瑣末だろう?」(松永)

利家・・・「それがしは怒ったぞ」
まつ・・・「ああ、前田家の宝が・・・!」
慶次・・・「もういいだろう・・・十分だ」

前田家の面々ご紹介。

松永に対して、脅したり攻撃的なセリフ(ex.上等だ…後悔すんなよ(伊達)等)を
吐かないあたり、さすが前田家。笑
なんだかんだいって、模範的な武門の棟梁だ!

ただ慶次のセリフって、一見かっこいいけど、そんなに実をともっていないような。

今まで大体、怒りパターンと嘆きパターンに大別できましたが
(たまに変則的なセリフあり)
今回大別するとしたら、利家と慶次が怒りパターンで、まつが嘆きパターンかな。

まつはやっぱり使いやすいですね。

今までバサラの記事を書いてきましたが、それは自分が以前書きとめた
アナログプレイ日記をもとに書いてたもので
実際のプレイからは、ここ数ヶ月離れていたんですね。

で、今回のセリフ書き出しにあたり、久しぶりに再プレイしたのですが
いや~、やっぱりおもしろいおもしろい!

無駄に氷塊壊しまくりです。
すでにレベルMAXのキャラが多いので、特別恩賞なんか狙わなくていいのですが
それでも、氷塊壊しに没頭。

洞窟の途中で氷塊落とされて、退路が絶たれるのですが
その時、それまで追従してきた味方武将が4人から1人になるんですね。
そのとき、誰が残るのか無駄に検証したり。

たとえば、伊達のときは小十郎、謙信様のときはかすが、なのは
当然なので、別段おもしろくもないのですが
幸村のときは、お館様と佐助、二人がついてきたりします。

過保護だぞ!

やはりYさんの言うとおり、幸村、佐助にも依存しておるな、ムムム・・・。

あ、そう言えば元就様のときは、誰だったかな。。。
元就様は検証初期の頃にプレイしたので、そのときはそこまで見てなかったです・・・。
やはり、嫡男隆元かな。

今回紹介はないですが、信長も濃姫と蘭丸の二人がついてきました。
明智は、秀満でした。

明智の味方武将には、なんとなく同情してしまいます。
同情・・・?憐れみ・・・?ちょっとぴったりの表現が見つかりませんが、
こう・・・うんうん、こんな変態明智についてきてくれてありがとう、、、
って感じ。

別に、私が義理を感じる必要なんてこれっぽっちもないんですが。

明智の味方武将の中に、元親の正室菜々(漢字適当)のお兄さん、斎藤利三がいて
特に応援してしまいます。

あ、それで何が言いたかったかと言うと、
久しぶりにやったら、やっぱりまつが最高に使いやすかったです、
ということを言いたかったのでした。

固有技、天の星雲(竜巻みたいなのをおこす技)と天駆ける星(突進技)が好きです。
特に、天駆ける星は、数ある突進技の中でも、一番使いやすいです。


対松永戦

利家

「卿からは希望を貰おう」(松永)
「心を操るだけでは人を動かせん・・・分かるか?」(利家)


初!松永に対して語りかけるパターン!
さすが、BASARA界屈指のポジティブ男!(賤ヶ岳湖畔戦より)
利家は、あらゆる物事に対して、諦めるということをしなそうです。

松永も「希望を貰う」と言ってるし、利家はきっと希望に満ちあふれているんですね。


まつ

「悲しゅうございます・・・人の心はどこに?」(まつ)
「君の幸せには興味がないのだ、すまないね」(松永)


やはり、これまでの女性キャラのパターンとは、少々違った路線。
まつには、甘美な言葉をいくら吐こうとも、ぐらつかないことは承知の上か。

とりあえず、松永のセリフより、まつが幸せであることがわかったのでよし^^


慶次

「わかんねぇ・・・あんたの心は人じゃない」(慶次)
「卿からは情熱を貰おう」(松永)


あれ~、慶次のことだから、もうちょっと変わった形のセリフを期待していたんですが。
定形的なセリフでしたね。

特に感想はないですが、総合してみると、前田家の面々はやはり
人の心とは・・・
っていう感じですね。

人を、物と同じようにみる松永に、前田家はびっくりだZE!笑


おしまい

ひとつの記事を短くしようと思って、一回の紹介人数を6人から3人にしたんですが
結局長くなってますね。^^;

前回の記事に拍手くださった方、ありがとうございました・・・!!
プレイから離れてもBASARAの記事を書き続けられるのは、拍手のおかげです!!
プレイから離れたと言っても、
バサラサイトさん巡りは、まぁ、日課ですけれどもね。

アンケートも外したのですが、やはり戦国BASARAへの投票が一番多かったです。
約二ヶ月間設置して、投票は10票だったのですが
内、6票が戦国BASARAでした。
投票下さった方々、ありがとうございました!!

theme : 戦国BASARA
genre : ゲーム

案内

※やり込み、考察、攻略等はなく、普通に楽しむ範囲のものになります。

※ライトとヘビーの間。

※最新の記事から見たい方は、上の「ワースレス」からどうぞ。

※リンクに関して切り貼り自由。

※コメントへの返信は遅れがちです。すみません…。

プロフィール

タカムラ

Author:タカムラ


成人済

カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
戦国BASARA3 感想
それぞれの感想・プレイ日記へ直接飛べます。

キャラ別 全ルートまとめ →  
伊達政宗
       
       

雑賀孫市
       

真田幸村
        
       O 

石田三成
       
     
慶次・市総括    
伊達軍と武田軍    

※オンマウスで説明出ます。

※伊達・孫市は、まだプレイ初期に書いてるので読みにくいところ多々あり。

※ここにリンクさせてない記事もあります。
お好きな海へ
カテゴリ
since 09/04/29
こっそりマイ殿堂

【殿堂入りキャラ】
・アッシュ・リンクス
・ジタン・トライバル
・麻倉 葉

【殿堂入り作品】
・BANANA FISH
・FF9
・FFT
・バハムートラグーン
・クロノクロス
・タクティクスオウガ
・岡田あーみん全作品



FF9 タクティクスオウガ FFT ch1 岡田あーみん