スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ ワールドトリガー 第38話「B級ランク戦開幕」感想




アニメワールドトリガー 第38話「B級ランク戦開幕」

ネタバレにご注意を。

またアニメのみの視聴で、原作を読んでません。
なので、よくわかってないことを言いますが
そういうのにイラっとくる方は、まわれ右。








「前回までのワールドトリガー」、前回のものと丸っきり同じだったので
ちょっと損した気分だったんだけど、
そういや、第二次大規模侵攻編が始まる前は、毎回同じものだったっけ??
第二次大規模侵攻編のときは、毎回微妙に変えてきたので
それにすっかり慣れてしまった。

では、いつもの箇条書き感想へ。


・根付さんとか、本当に修にしゃべってほしくなければ
 取り押さえればいいと思うよ。
 会場は騒然となると思うけど、どう考えても
 侵入者は修の方だし。。。

・修の「今にして思えば」発言にマスコミたちは食いついてたけど
 結果論でしゃべっただけじゃん。

 つか、この会場にいるマスコミ、本当にバカなヤツばっかりで
 すっごいイラっとした(^^ゞ
 香澄ママ、ヤッチャッテー。

・司令、出たー!
 なんか、もっと大きな問題を提起して、目をそらさせたって感じ?
 
 なんにせよ、うまく事態を収拾し、それどころか
 「市民の理解と参加を期待する」なんて
 ちゃっかり、隊員の募集までしちゃってたからね。

 つか「参加」って、そういう風に理解したんだけど、いいのかな??

・修を連れてきたのは唐沢さんってことが、まぁモロバレなわけだけど
 (あんな堂々と、開けっぱなしの扉のところに、遊真たちと控えてるし)
 実社会だったら、こんなことしたら処分だわね。

・林藤支部長と忍田本部長のフォローがよかった…!

「ハハハ。いんだよ。好きにやれって言ったろ。あれでよかったのさ」(林藤支部長)

 藤原声の上司は正義。

「主に鬼怒田さんだけだが(な?)」(林藤支部長)

 鬼怒田さん…!
 すっかり、千佳ちゃんを気に入った様子。
 でも、娘と同じ年頃の子なんてたくさんいるし、その中でも千佳ちゃんを気に入ったのは
 やはりあの膨大なトリオン量持ちだからだろうか??
 開発部長として、膨大なトリオン量持ちはひいきの対象である様子。

・遊真のポイント(?)を千佳ちゃんに割り振るって話を聞いてるときの千佳ちゃんの顔が
 いつもの笑ってるみたいな顔で
 「ふふん」(得意げ)って感じに見えて嫌だった。
 
 なんつか、「ごめんね遊真くん」みたいな態度でいてほしかった。
 そのあとで、ちゃんと遊真に「ありがとう」って言ってたけど。

・甲乙丙、いい仕事した。

「傷が癒えてきた今、何か言いたいことはあるかね。」(城戸司令)
 「いえ、何も。ああいう戦い方があることはわかっています。
 ただし、久我や千佳を使って同じことをしたら、僕はあなたを許しません」(修)


 これって、修が出てくることを
 城戸司令は折りこみ済みだったってこと? 
 全部が計算ずみだったってこと?

 今回の件で、城戸司令と唐沢さんの間に裏工作はなさそうだから
 唐沢さんの行動(修を連れてくる)すらも、読んでいた、計算していたってこと?

 城戸司令、底知れないな。。。

「あの件には、林藤支部長や忍田本部長は関与していない。
 もし知っていれば、ああいったことはさせなかっただろう」(城戸司令)


 でも、こういうこと言うあたり、根っからの悪人には見えなくて
 いまだ城戸司令の人物観が定まらない…。

・解説、佐鳥。
 何気にいいとこもってくね。

「OK、桜子ちゃん」(佐鳥)

 何、ちゃっかり名前呼んでんだww

・遊真や千佳ちゃんがランク戦で戦ってるときの、修のドヤ顔。

・ワールドトリガーのゲームが出る(出た?)けど
 DSあたりで2頭身でやるゲームじゃないことに快哉を叫びたい。

 欲を言えば、ワールドトリガーで無双したいんだけど
 アタッカーは問題ないとして、シューターはともかくスナイパークラスを
 どう無双スタイルにもってくかだな…(ブツブツ)  


スポンサーサイト

theme : ワールドトリガー
genre : アニメ・コミック

アニメ ワールドトリガー 第37話「ヒーローと相棒」感想



アニメ ワールドトリガー 第37話「ヒーローと相棒」感想

ネタバレにご注意を。

原作を読んでいないので、よくわかってない発言をします。
そういうのにイラっとくる方は、まわれ右。





「前回までのワールドトリガー」、二段構成じゃなくなった!
(あれ、先週からだっけ??)
毎回毎回ツッコミ入れてたけど、これじゃあツッコミどころないなぁ。
あの、キャラが持ち回りでやってて、個性出まくりなところがおもしろかったんだけど。

ではいつもの箇条書き感想、いきます。


・メガネのない修、かこよい。

「親密さが足りないんじゃないの、親密さが」(修母)

 大事なことなので二回、言いました。
 つか、ここら辺で、修母(香澄)がどういうキャラか理解し始める。

・先週はツッコミ忘れたけど、リリエンタール人形。

「後輩の子」(香澄)

 風間さああああん!!!!

・よれよれの栞ちゃん、かわいい。
 いつも、この服と髪型ならいいのになぁ。

・論功行賞に色々つっこみたい。


 【特級戦功】
 三輪、太刀川、天羽、空閑

 【1級戦功】
 修、東、出水、米屋、緑川、風間隊、迅、小南、嵐山隊

 【2級戦功】
 レイジ、烏丸、A級スナイパー組、当真、奈良坂、古寺、B級諏訪隊、来馬隊
 荒船隊、茶野隊、柿崎隊


 
 特級戦功には納得。

 でも、迅さんが特級じゃないのは、ちょっと残念。

 実際の戦闘だけじゃなく
 大規模侵攻がおこる前に、迅さんがサイドエフェクトを使って色々立ちまわったから
 これだけの被害に抑えられたわけだしさ。
 あ、でも、迅さんは、修を助けるために立ちまわってたんだった。

 でもでも、ネイバーを一人捕獲したし! 
 って、私は誰に向かって言ってんだって。
 

 ボーダーって、迅さんのサイドエフェクトを使って、被害を最小限に抑えようとかいう
 努力はしたんだろうか。
 迅さんに、そういう協力は頼んでないのだろうか。

 太刀川さんは、出番少なかったけど
 ちょっとの出番でもすごい活躍してる様子は伝わってきたので
 納得の特級。
 でも、欲を言えば、もうちょっと出番ほしかった。
 

 あと、天羽のすごさも、もう少し見せてくれればよかったなぁ。
 担当地域が更地になってるところからして、すごさはわかったけど笑。
 迅さんが本来守るべき地域も、結局天羽が守ったんだったっけ、そういえば。
 いや、すげぇわ。

 思ったけど、迅さん、ボーダーの命令を微妙に守らず
 自分勝手な行動したから、特級じゃなくて1級になったんじゃ…。
 って、さっきから自分は、どうしても迅さんを特級扱いにしたい様子(^^ゞ

 そして、2級に納得がいかないんだよなぁ。
 

 諏訪隊、なぜ2級??
 1級でいいと思う。
 だって、諏訪隊がエネドラと戦ったおかげで
 エネドラの弱点とかわかって、結果倒せたわけだし。
 

 まぁ、でも、一番初めにエネドラを戦って、その後とどめをさした風間隊が1級なら
 同じ1級にするわけにはいかないか。。。

 しかし、ブラックトリガーを足止めしたレイジさんや烏丸、諏訪隊と同じく
 茶野隊や柿崎隊が2級なのは納得いかぬ。

「栞ちゃんが言うのは
 もしレプリカが死んでたら、このちびレプリカも消えるはずなんだと」(遊真)

 

 遊真の「栞ちゃん」呼び、いいね!
 そして、レプリカ先生、生存の可能性!!
 うわー!!よかったーー!!!(T_T)

「今日まで何日もかけて調べてももらったから、間違いない」(遊真)

 うわー!
 だから栞ちゃん、ヨレヨレだったんだね…!!!
 遊真と栞ちゃんのコンビ、いいなぁ…!
 

「A級を目指す理由が増えたな」(遊真)
 「僕が負い目を感じないように」(修)


 遊真、初期の頃と随分変わったね…!
 

 初めは、不良3人組に絡まれてる遊真を助けようとした修に対して
 「メガネくんが勝手に助けたんだ」とかなんとか
 さすがネイバーっ子なセリフを吐いていたものだったけど。

 成長したんだなぁ。。。(ホロリ)

「むしろレプリカを褒めるべきだろ。あいつ半分になってもやり遂げたからな」(遊真)

 レプリカ先生を想って泣けるし
 こう言ってのける遊真を想って泣ける。

「泣くなよ」(遊真)
 「傷が痛むんだよ」(修)


 いい……!!!!!!!
 この二人、いい!!!!!!

・根付さん、仕事してる!!!

・通信室6人、C級32人の被害。
 C級は生きてるかもだけど、通信室の非戦闘員6人は殉職ですか!?
 ひいぃぃ…!

・三門テレビ、するどい!
 …って感想ノートに書いたと思ったら、根付さんの仕込みだった。
 

「唐沢さんは、なんで修の味方してくれてんの」(遊真)
 「ヒーローにも反撃のチャンスが与えられるべきだと」(唐沢)


 先週、こんな感想 ↓ を書いていたのは誰ですか。

  「唐沢さんってすっごい中庸だから
   どうしても主人公サイドに立ってしまう自分からすれば
   ちょっと冷たい印象を持ってたりもしたんだけど
   (C級の修が、外でトリガーを使って戦闘したときの処分を巡る場面とかで)
   結構、優しいというか、人間らしいところもあるんだな、と。
   って、どんだけ冷たいと思ってたんだ、自分。 

   まぁ冷たいっていうか、情で動かない人、打算で動く人、って印象だったんだけど。」

 

 私です。

 唐沢さんもまた、自分なりの正義を持ってたんですね!
 忍田本部長とはまた違ったやり方だけど、自分の正義を貫いているんだなぁ。

・やっぱり先週、

  「市民守っておいて、文句言われちゃうのかな。
   ボーダーが動かなければ、こんな被害じゃすまないってのに。
   しかも、ボーダーって、民間でしょ??」


 こういう感想を書いてたんだけど、今週、遊真が代弁してくれました。

・修の母が、ことあるごとに、修の姉に間違われていたけど
 それって、25歳前後に見られてたってこと??

 修は15歳なので、10歳年上の姉だとしたら25歳な計算。
 (年の離れた兄姉というと、最高でも10~15歳くらいの年齢差なイメージ。)

 実年齢39歳が20代に見られるって…。

ワールドトリガーを100倍楽しむ講座
「もうボーダーに入って、6ヶ月くらいは経ってる気がするんだけど」(遊真)
 「ハハハハー、そこは気にしたら負けだ」(迅)


 メタ発言スか。
 ちょうど、1月くらいの放送で、ボーダーに正式に入ったからなぁ。


theme : ワールドトリガー
genre : アニメ・コミック

アニメ ワールドトリガー 第36話「持たざる者」感想




アニメ ワールドトリガー 第36話「持たざる者」感想

ネタバレにご注意を。

アニメの視聴のみで、原作を読んでいません。
なので、よくわかっていない発言をしますが
そういうのにイラっとくる方は回れ右。






関係ないけど、「持たざる者」っていうタイトル見ると
どうしても、FFタクティクスを思い出すな。。。

「前回までのワールドトリガー」、おお!なんだか今週は劇画調っぽい。
劇画調っぽさを履きちがえてるかもだけど。

つか、「誰もが街の壊滅を覚悟した」って
こんなのが前触れもなくいきなり攻めてきたら
街どころか、ひとつの県くらいは丸ごと壊滅しちゃうんじゃ…。

そして、「多大なる犠牲と引きかえに」…。
レプリカ先生ーーーー!!!!

恒例の「前回までのワールドトリガー」へのツッコミがおわったところで
いつもの箇条書き感想いきます。


・久しぶりな唐沢さん!
 営業部長として、そこは学生時代のラグビー話をするのではなく
 ボーダーの者であることをそれとなく言って宣伝をだね…。

 唐沢さんってすっごい中庸だから、どうしても主人公サイドに立ってしまう自分からすれば
 ちょっと冷たい印象を持ってたりもしたんだけど
 (C級の修が、外でトリガーを使って戦闘したときの処分を巡る場面とかで)
 結構、優しいというか、人間らしいところもあるんだな、と。
 って、どんだけ冷たいと思ってたんだ、自分。 

 まぁ冷たいっていうか、情で動かない人、打算で動く人、って印象だったんだけど。

 順序が違うけど、来週の予告で、唐沢さんが修を訪ねて来るらしいこと言ってたけど
 何だろう…!
 とりあえず、唐沢さん結構好きなので、出張るの大歓迎!

「こいつは相当、突き上げられるぞ」(根付)

 市民守っておいて、文句言われちゃうのかな。
 ボーダーが動かなければ、こんな被害じゃすまないってのに。
 しかも、ボーダーって、民間でしょ??

「乗り物なら、なおいけません」(モブ看護師)
 「陽太郎、乗り物にお腹はないぞ」(烏丸)


 両方とも、的確なツッコミすぎてウケた。

「ちょっとな、やんなきゃいけないことがあるんだ」(遊真)
  

 すっごい寂しげな言い方で、じんときた。
 その後の、一人で瓦礫の中レプリカを探している姿にも、じんときた。

・千佳ちゃん、チャイム押したりノックしたりもせず
 いきなり人の家のドア開けててびびる。

「取引で手に入れた」(千佳兄)

 普通に、ボーダーに入って手に入れろよ。
 
 千佳ちゃんはきちんと、ボーダー隊員になりA級になって近界に行くという
 正当な手順を踏もうとしていて
 つくづく、兄のマネをしないでよかった、と。笑

 兄には、(ボーダーに入る)才能がなかったのかな。

「ゲートの向こうに調べに行く」(千佳兄)

 別に調べに行くまでしなくても…。
 千佳ちゃんを守るという対症療法ではなく、根本から解決しようとしたんかな。
 それにしても、ちょっと飛躍しすぎな感はある。

 そして、協力者とは…。
 新たな謎が発生したけど、ここら辺はアニメでは回収されなそうだな。。。

「僕も行きますよ!」(修)

 なんつー簡単に…!
 さすが、面倒見の鬼!(褒めてません)

・キューブの中ってどんな感じ?って、栞ちゃんや林藤支部長が聞いてたけど
 キューブの中に閉じ込められたって感覚だったってこと??
 てっきり、キューブそれ自体になったと思ってた。

・千佳ちゃん家の玄関先にいた、修の方を見たイケメンは
 これまた、キーパーソンか何かですか。

「オレを見て、頬を染めるとは…」(陽太郎)

 陽太郎が気付くくらいだから、烏丸も気付いてるよねぇ…??

「だといいんですが…」(烏丸)

 このときの痛ましそうな烏丸の顔といい、うける。

「惚れ惚れする騙しっぷりです!」(木虎)

 仲良さそうにじゃれあってるのを見て、嫉妬はしないのかな…??

「でも小南先輩、いつも学校で会うときと雰囲気が違うわ」(木虎)

 これは…。
 
 小南は、学校ではシャランラ~と、お上品なお嬢様を装ってて
 玉狛仲間の間で見せるような、「こんなはっちゃけた姿は見たことなかったわ…」
 
 って意味なのか、それとも
 
 小南は、烏丸のことを好きで(でも自分の気持ちに気付いていないパターン)
 それで「雰囲気が違うわ…」
 
 って意味なのか、どっちなのか!

「東さんが肉おごってくれるって、明日?」(出水)

 しっかり約束を守っている東さん。
 こういう小ネタ、好き。

 つか、みんな、肉について詳しすぎw

すでに閉まっている扉(ここ重要)に向かって一礼する風間さあああああああん!!!!!!

・以上の、病院での一連の描写が、すっごいおもしろかった!!
 そして、みんなお見舞いにきてくれて、ちょっと感動。
 みんなよい先輩たちだ。
 三輪も、気になって近くまで来たっぽいし。
 不器用な奴。。。(T_T)

「未来が見えるサイドエフェクトなんていっても、ざまぁないな」(迅)

 いや、最悪の未来を防げただけでも、つか、最高から2~3番目ってだけで
 十分すぎるほどでしょ。
 修が死なないよう、すっごい尽力してたし!
 敵将のハイレインも、ボーダーそのものの戦闘力よりも
 迅さんの陰ながらの采配を脅威に感じてたし。

「ボーダーの偉い人に直談判すれば」(修)

 これ、KYどころの話じゃねーな。
 こういう奴は、ますます雇わないわ!笑
 

・トリガーオフ時の迅さん、初めて見たかも。
 あんまり変わらなかったけど。

・修母!!
 キレイ!!つか、かわいい!!

・メガネシミュレーション時の修。
 顔がメガネ。。。


theme : ワールドトリガー
genre : アニメ・コミック

アニメ ワールドトリガー 第33話「ハイレインの恐怖」感想



アニメ ワールドトリガー 第33話「ハイレインの恐怖」感想

ネタバレにご注意を。

また、アニメのみの視聴で原作を読んでいません。
なので、よくわかっていない発言をしますが
そういうのにイラっとくる方は回れ右。







今週の、第二次大規模侵攻に特化した「前回までのワールドトリガー」のナレーションは
烏丸先輩。
特筆すべき点のない、ノーマルな語りだなと思っていたら
(声がイケボなので聞いてるだけで耳が幸せだが、それはまた別な話)
途中から
「走れ、修!」「俺が引き受ける!」「俺に残された最後の180秒を使って!」
と、かなり熱くなってきて、おおお!烏丸先輩が熱くおなりじゃあ!ってなった。


毎回毎回、よく「前回までのワールドトリガー」につっこむことあるなと
自分でも思いながら
さて、いつもの箇条書きいきます。


・米屋と話してる間も、時間が刻々と過ぎていくわけで。
 (ついでに言うなら、ハイレインも待ってくれているわけで)
 もっと簡潔に会話しろ

・烏丸の学ラン!!
 ブレザーより学ランでよかった!

・夜、雨、自販機、これなんて三種の神器。

・(修がシューターを目指したことに対して)
 「もしかして、迅さんのアドバイスっすか」(烏丸)
 

 このあとに続く会話からして
 もう、なんかすべてに迅さんが絡んでるんじゃないかって
 疑心暗鬼っていうと語弊ありだけど、複雑な心境ではありそう。

・静かな雨音の中、あげせんのボリボリという音だけ響いてる演出、いい。

「なんか俺にはアドバイスとかないんすか」(烏丸)
 

 なんか、ここの烏丸かわいいぞ。
 レイジさんには言って、俺には何も言ってくれない、ってちょっとスネ入ってる?
 すねちゃいないけど、でもまぁ、俺だって戦えるんだ、的な。
 

 烏丸って、クールキャラかと思ってたけど
 意外と中身は熱いのね。
 後輩想いだし。
 そういうキャラは嫌いじゃない、っていうかむしろ好きだ。

・今回、修の死を回避するために迅さんがしているアレコレは
 暗躍ではなく、根回しというものでは。

 趣味、根回し。
 ださっ!
 これじゃあ、サラリーマンだわ。小者臭ハンパないわ。
 やっぱり、根回しじゃなく暗躍で。

・何度も言うけど、ボーダーとしての今回の最終目標は
 第二次大規模侵攻をくい止めることであり、修の死を回避することではないからね。
 もちろん、修の死を防ぐことも重要だけど。

「未来は無限に広がってるんだよ」
 「誰かの意思ある行動が、確実に未来を変える」(迅)


 未来が見える人の言葉としては、すごく新鮮。
 迅さんの未来の見え方が、分岐ルート的な見え方だからだろうけど。
 

 通常、未来が見えると、無力感だの諦観に支配されそうだけど
 なんつーポジティブって、ちょっと感動すらしたわ。

 しかも、未来が見えてる人の言葉だから、余計説得力のある言葉。
 これ、未来とか見えない他のキャラが言ったら、クサいセリフ!って
 一蹴しておわりだよ。
 

 もう、未来が見える迅さんにこのセリフを言わせた原作者すごい。
 (アニメ固有のセリフか、原作通りのセリフかわからないけど)

「誰かが投げた小石が…」(迅)

 なんか、アマゾンの蝶の羽ばたきが、最終的に台風になるって話を思い出した。
 バタフライ効果だっけ??
 ウソかホントか知らないけど。

・千佳ちゃんて、平均的なC級の何倍のトリオン量だったっけ?
 千佳ちゃん一人にこんなに手こずるようなら
 他のノーマークなC級を何人も攫った方が、効率よいような気がしてきた。

 100倍とかだったら、千佳ちゃん一択だけど。
 

・三輪、来たーーーー!!!!

 足元からの演出と、修の「あの人は!」なんていう期待もたせ感から
 おいしいところ持ってったな~
 と思ってたら、まだ、迅め!ってブリブリ怒ってて(笑)
 かっこいい登場シーンが台無しだったっていう。

 でも
 「処理を開始する」(三輪)
 はかっこよかった!

・三輪による突然の腹蹴りにも、キューブを離さなかった修、エライ。

・未来の分岐点まであと226秒

・「ワールドトリガーを100倍楽しむ講座」
 

 とんかつフェア。
 ぐにゃ度…もさもさした、戦闘力…男前。

 あいかわらず、よい仕事をしている講座。


この第二次大規模侵攻も、いよいよ大詰めですかね!
最後、どのように事態が収束するのか、すごく楽しみ!
あと、この侵攻が終わったあとの展開も楽しみ。
日常話が1話くらい挟まると嬉しい。


theme : ワールドトリガー
genre : アニメ・コミック

アニメ ワールドトリガー 第32話「執念のエネドラ」感想



アニメ ワールドトリガー 第話「執念のエネドラ」感想

ネタバレにご注意ください。





さて、恒例の「前回までのワールドトリガー」。
今さらだけど、迅さんがどっかの屋上にしゃがんでる画が好き。

そして、第二次大規模侵攻に特化した「前回までのワールドトリガー」の
今週の持ち回り当番は沢村女史。
千佳ちゃんと同じですます調でも、こっちは大人の落ち着いたナレーションでした。


では、いつもの箇条書き感想いきます。

「敗因がどうのとか言ってたよな」(エネドラ)
 

 い、言わないであげて…!
 …と、思ったら。
 さすがです!忍田本部長!!

・スタアメーカー(銃手・射手用オプショントリガー)
 命中した場所に目印を付ける、対ステルス戦闘用トリガー
 メモメモ…。
 なんつー、中二病くすぐりアイテム。。。
 かっこいい。

風間隊ーーーーーーー!!!!???
 ここで出てくるとは思わなかった!!!!
 すっごくいい感じに意表をつかれた!
 くそう、菊地原をかっこいいとか悔しい。笑

・忍田本部長といい、なんでみんなトリオンの放出が止まってんの。

「あ、止めさしたのは風間隊ってことでよろしく」(菊地原)
 「おい!てめえ菊地原!」(諏訪)


 まずこの会話からの

 「諏訪、笹森に伝えろ。いい陽動だった。以上」(風間)
 それを聞いて涙がにじむ笹森。

 この一連の流れ…!!!!!
 ここだけで色々燃えるんだけど!!

 いつもの菊地原節。
 菊地原の毒舌のフォローを含みつつの
 他チームへのねぎらい・感謝の言葉を忘れない風間隊長。
 言葉は少ないけど、気持ちはすっごい伝わってくる風間隊長の言葉。
 最後の締めの「以上」。
 同い年同士の両隊長。
 風間隊長からねぎらわれて、涙がにじんじゃう笹森。

 …いい!!!!!!!!
 っていうか、風間隊長への贔屓、入りまくり(^^ゞ

エネドラの通常体が、思いのほか地味な件。

「さっき通信室で、こいつに何人か殺されてますよね」(菊地原)

 え!!??
 非戦闘員が、ボーダー基地内で普通に殺されたってこと!!??

 なんか、ワールドトリガーって、トリオン体で戦ってるし、血も出ないし
 あんまり死ぬことが想像できなかったんだけど
 そういえば、三輪のお姉さんとかもそうだけど
 結構、一般人、死んじゃってるんだよね。。。

 これ、第一線で戦ってる隊員が、一番安全な気がしてきた。

「(エネドラを)捕縛しろ」(忍田本部長)
 「ちっ」(菊地原)


 「ちっ」って、菊地原、殺したいのかよ(^^ゞ

・そしてさっきまでの威勢の良さはどこへやら
 ミラが出てきて一気にエネドラがかわいそうな奴に
 この数分で何が。。。
 ミラ、恐ろしい子…!

 OPで、アフトクラトル勢が、すごい悪い顔して出てくるけど
 ミラの悪顔が、今ほどしっくりきたことはない。

「こいつの角は未知のトリガーテクノロジーだ。
 分析できれば、次の備えになる」(忍田本部長)


 忍田本部長、冷静すぎ!笑
 きっと、あそこにいたほとんどの奴が、エネドラの死に情が流されてた中で
 忍田本部長のコレ。

 そして、死してなお辱めを受けるエネドラ。

・脳へも浸食しているらしいエネドラのブラックトリガーだけど
 いとも簡単に、ミラにより外される。

 ほら、結構、こういうときって、一体化しちゃってて外せない!みたいな。
 外すには、入れ物ごと斬るしかない!みたいな。
 でも、俺にはお前を斬ることなんてできない!みたいな。
 そんな展開がありがちじゃないですか。笑

 でも、例え一体化しちゃってて外せない!って展開でも
 ミラはなんの躊躇もなく、エネドラを斬るんだろうな。
 

「菊地原、さっきはお前の強化聴覚を貸してもらえて助かった。
 いいサイドエフェクトだ。」(忍田本部長)
 「あ、褒めはいいんで、ボーナスください。」(菊地原)


 菊地原w
 でも、風間さんといい、ここの上司はきちんと褒めてくれて、いい上司ばかりだなぁ。
 現実なんて…ブツブツ

「遠征組は慣れてんなぁ。」(諏訪)

 だよね。
 歌川とか、死体探っちゃってるしね…。
 菊地原の「血、嫌いなのに」ってセリフも、逆に慣れてるゆえのセリフだよね…。

「息の根をとめてブラックトリガーだけを回収していったそうです。」(栞)

 迅さんに、エネドラ戦の顛末を説明する栞ちゃんだけど
 「息の根をとめて」って。笑
 普通に「殺して」じゃダメなの?
 わざわざこの表現を選ぶところが、栞ちゃんらしい気がするw
 

・心理攻撃をする迅さん。
 やっぱり性格悪い!?笑
 

 まぁ、でもここは順当だと思う。
 多分誰でも、このシーンでは言うよね。

 言わないとしたら、嵐山とか修とか??
 いや、嵐山は逆に、どうなってんだ??仲間同士で殺し合いしてるらしいぞ!的な
 大丈夫か!?的な感じで言うかも。笑
 

わくわく動物ヤロー

「射線を通すためか」(ハイレイン)

 ここーーーー!!!!
 すっごい鳥肌たった!!!!
 出水が建物を攻撃してからの、スナイパー組登場!!!!
 かっこいいいいいいいいい!!!

 出水の建物を破壊する行動も、ハイレインを攻撃するためと見せかけておいて
 実は射線を通すためでした、と。
 エネドラ戦もそうだけど、このワールドトリガーって、
 米屋の言葉を借りるなら、「と、思うじゃん?」ってことが多くて
 そこが好き。

・月見さん、もっと低くどっしり構えてる感のある声を想像してた。
 +色気のある声。
 なんか、思ってたより軽い感じだった。

「何しろ珍しく、迅さん直々に頼まれたからなぁ。」(当真)

 なんだ、すべては迅さんのおかげ、か。

 迅さん好きだからいいんだけど。
 いいんだけど、別にそこまで迅さんSUGEEEEE、じゃなくてもいいというか。
 迅さん以外の隊員だって、それなりにすごいんだし。

「なぁ、奈良坂。」(当真)
 「当然だ。あの程度では防御のうちに入らない。」(奈良坂)


 タメ語ですか。
 

スナイパー組は変態、メモメモ。

・つか、撃ったら走るんじゃなかったのかよ、と思ったり。
 あそこだけしか、射線通らないのかな??
 他に高いビルとかなさそうだったし。

・ワープ!!!!
 かっこいいんですけどかっこいいんですけど!!!!(中二)

・冬島隊長きた!!!!!
 特殊工作兵 冬島慎次(29)!!
 

 特殊工作兵で、29歳で、A級2位で、当真の隊長ってのがいいね!(全部じゃん)

・C級のキューブから吸い取られるトリオン。
 これ、キューブ自体があれば、復活はできるんだよね…??
 じゃないと、戦死ですか!?ひぃ~…!

「あと3分すね。」(烏丸)

 エヴァの内臓電源と理解した。

「修たちが基地にたどり着くまでの3分。俺が稼ぎます。」(烏丸)

 烏丸先輩いいいいい!!!!
 
 って、熱くはなるんだけど
 よくよく考えてみれば、3分っていうのは、修の生死が決まるまでの時間であって
 修の生死に関わらず、この第二次大規模侵攻は続くのであって
 それまでもたせてベイルアウトって、
 う、う~ん…って思っちゃうんだよなぁ。

 お話的には、修の生死が分かつ時点らへんで
 この大規模侵攻も大体終わるんだろうけどさ。

 あれ、しかも、最後のナレーションで
 「未来の分岐点まであと580秒」ってなってたわ。
 これは、まだ3分じゃ基地まで着かないってこと??

・「ワールドトリガーワールドトリガーを100倍楽しむ講座」
 うけた笑
 重層すぎたもんね。

・来週は、烏丸先輩メイン回かな。
 待ってました!!
 でも、タイトルが「ハイレインの恐怖」だから、悪い予感しかしない…。
 烏丸先輩の活躍を、ホント頼みますよ…?


今週は、内容が濃いなぁ!
エネドラ戦といい、ハイレイン戦というか、スナイパー組vsミラ戦といい
テンポも早いし、中身あるし
すっごいおもしろかった!


theme : ワールドトリガー
genre : アニメ・コミック

案内

※やり込み、考察、攻略等はなく、普通に楽しむ範囲のものになります。

※ライトとヘビーの間。

※最新の記事から見たい方は、上の「ワースレス」からどうぞ。

※リンクに関して切り貼り自由。

※コメントへの返信は遅れがちです。すみません…。

プロフィール

タカムラ

Author:タカムラ


成人済

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
戦国BASARA3 感想
それぞれの感想・プレイ日記へ直接飛べます。

キャラ別 全ルートまとめ →  
伊達政宗
       
       

雑賀孫市
       

真田幸村
        
       O 

石田三成
       
     
慶次・市総括    
伊達軍と武田軍    

※オンマウスで説明出ます。

※伊達・孫市は、まだプレイ初期に書いてるので読みにくいところ多々あり。

※ここにリンクさせてない記事もあります。
お好きな海へ
カテゴリ
since 09/04/29
こっそりマイ殿堂

【殿堂入りキャラ】
・アッシュ・リンクス
・ジタン・トライバル
・麻倉 葉

【殿堂入り作品】
・BANANA FISH
・FF9
・FFT
・バハムートラグーン
・クロノクロス
・タクティクスオウガ
・岡田あーみん全作品



FF9 タクティクスオウガ FFT ch1 岡田あーみん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。