スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国無双のキャラソートやってみた


バトンのあと、自分的無双ランキングを知りたくて
戦国無双のキャラソートやってみた。
でも、3には対応してないバージョンみたいです。






色が付いてるのは、その方が見やすいかな~と
順位をひとつとばしに付けただけで
特に意味はないです。

つか、同率多すぎですね。
だって、選べないぃぃぃ。

1位と2位は、別格で好き。
4位と6位は、同じくらいの好きさ。
でも女の子キャラ好きなので、やっぱりこの順位でいいのかも。

14位までは、かなり好き。
16位~20位までは、普通に好き。

23位~26位は、普通以下ちょい苦手以上。
28位・29位は、そんなに思い入れなし。(すまぬ)

30位以下は、うん、ごめん。


すみません。
今回、結構正直に書いちゃいました。
普段はね、やっぱり抑え気味に書きますが。
自分の好きなキャラが、嫌い、とか言われてたら
好みは人それぞれと、わかっていながらもちょっと複雑ですものね。


おしまい


無双のバトンと、前回の単なるつぶやきに拍手をくださった方、
ありがとうございました!!!

スポンサーサイト

theme : 戦国無双シリーズ
genre : ゲーム

戦国無双2 プレイ日記16 伊達政宗無双演武 外伝感想



戦国無双2プレイ日記
伊達政宗無双演武、外伝のセリフ抜き出しとその感想。

ネタばれにご注意ください





最近、無双の記事にちょこちょこ拍手が頂けて、とても嬉しいです!

無双2は、現在プレイしてるし、自分の中では現在進行形ですが
無双3が出てる世間からしたら、かなり波に乗り遅れていますよね(^^ゞ

そんななのに拍手を頂けたので、とても嬉しかったです!
ありがとうございました!!

ちなみに、現在の進捗状況は以下の通り。
蘭丸と阿国が表に入ってないことに気づきました・・・。

進捗

階級・・・階級がMAXになってるかどうか
4武器・・・第4武器を入手してるかどうか
全技能・・・全部の技能を入手してるかどうか
外伝・・・外伝クリアしてるかどうか


今、島津を育て中。
全員一回は無双演武終わっているのですが、その2回目をやりつつ育てています。

島津はわざと育てるのを残しておいたんですが
島津、やっぱりかっこいいです!
ムービー、かっけええええ!!!
島津家、かっけええええ!!!

豊久が、モブにしておくには惜しいくらい好きです。

では、本題どうぞ~。


【関ヶ原の戦い】

「馬鹿め!わしが来たからにはこの決戦 勝ちは決まりだ」(伊達)

あいかわらずの自信です。
気持ちいいな!笑

「我らは数で勝る 一気に押し潰すのだ
 宇喜多、大谷、小西らを殲滅(?聞き取れず)し、前線を崩すのだ」(家康)
「せいぜいほざいておけ 東軍についた恥知らずどももやがて悔い改める」(三成)


伊達のこととか、みんな気にしていません。笑

「わしの参戦で東軍は圧倒的有利 だが三成の余裕はなんだ・・・気になるな」(伊達)

プレイしてて、普通に吹きましたからね。
自分の参戦で「圧倒的有利」ですって!笑
どこまで自分のこと、買ってんの!
そこが好き! ←

「この戦いでせいぜい活躍しておかねばな
 天下 徳川の次に伊達があること見せつけるのだ」(伊達)


大言吐くにも、それだけの活躍はしなければいけないことは
分かってる様子。
というか、きちんと働き、結果を出し、その果ての大言。

「小早川は寝返るはず なぜ東軍を攻める」(家康)
「優柔不断な小早川が覚悟を決めるとは 西軍には策があるようじゃな」(伊達)


天地人では、小早川、関ヶ原の2年後に病死していました。
家康の本心が知れて、東軍についたことを後悔し、衰弱していってました。

天地人では、ちょっと小早川かわいそうな感じでした。
秀頼が生まれる前は、秀吉の後継者としてその地位についていたのに、
秀頼が生まれたら、途端に小早川に養子に出され。
しかもその小早川家からも、別に養子いらね、とかって言われてましたし。
不憫・・・!

秀頼が出現
「秀頼だと!これが三成の策か」(家康)
「秀頼君にはむかう謀反人!必ず家康を討ち果たせ」(三成)

「先の見えぬ奴らが秀頼とともに滅びたがっているわ
 よいわ!秀頼ともども叩き潰してくれる!」(伊達)


不遜だなぁ。

秀頼の出現により、東軍から西軍に裏切る者が続出する
「わしの他にも寝返らぬ者もおったか
 先の見える奴らよ 朽ちさせるには惜しいな」(伊達)


仁義を解する伊達!

私も、こういうとき寝返らなかったり、あとプレイキャラの味方が少ないとき
味方についてる武将とか、仁義を感じて熱く滾ります。

浅井についてる武将とか、光秀についてる武将が好きです。
こんな周りは敵だらけの状況で、自分についてきてくれて、ありがとう・・・!って。笑

「奥州からのこのこやってきて、国元は大丈夫かい?」(左近)
「馬鹿め!奥州でわしに逆らえる者などおらぬ!すぐに日の本にもおらぬようになる!」(伊達)



「戦もたけなわ 戦場が鬼島津を欲しておるわ」(島津)
「島津を討たねば、わしの野望もここまでじゃ」(伊達)

「西軍不利になりて動くとは酔狂な奴め」
「ここで家康を倒さば、天下の戦、島津の一人勝ちよ」(島津)


昨日、島津で無双演武の外伝やってたら、伊達が島津の野心高さを褒めてました。
でもすぐ、「でも自分ほど計算高くはない」とか言って
結局、自分の方がすごい、みたいな。笑

相手を、持ち上げてから落とす!それが伊達!笑

でも、2話の小田原城攻略戦では、伊達に
「武門長久にてまことに祝着」って言われました。

伊達、目下の者には「褒めてつかわす」と言うので
島津のことは、目上の者として、一応は敬ってるんだなぁと思いました。

「立花の名にかけて貴様を討つ」(ギン千代)
「馬鹿め!わしの勢いは止められぬわ」(伊達)


VS秀頼
「野望の大きさは人物の大きさだ 大きな人物に治められた方が天下のためよ」(伊達)

野望の大きさが人物の大きさっていう論に、なるほど~、と思わなくもない。
あと、大きな人物っていうか、器の大きい人に治めてもらいたい。

「秀頼君に刃を向けし大逆人に天誅を 必ずや地獄の獄卒どもに引き渡してやれ!」(三成)

この表現力がすばらしい。笑

VS三成
「奸雄め」(三成)
「(あははははは)わしには褒め言葉よ!」(伊達)

「伊達政宗、貴様は秀吉様の恩を忘れし不義者だ」(三成)
「(ふっ)器の小さき男よ 小窓からしか物が見えぬゆえその結論しか出ぬ」(伊達)


伊達も伊達で、正論言っているというか。

三成を倒すと
「この戦 わしの力で勝ったようなものだ 伊達の天下 遠くはないぞ!」(伊達)

ネガティブさとは真逆のところにいますね、この人。


おしまい

これで伊達の感想はおわりです。
ありがとうございました!

theme : 戦国無双シリーズ
genre : ゲーム

戦国無双2 プレイ日記15 伊達政宗無双演武 第五話感想



戦国無双2プレイ日記
伊達政宗の無双演武、第五話のセリフ抜き出しと、その感想


セリフをほぼ全部抜き出しています。
ネタばれにご注意ください。





またまた天地人の前置きから始まりますが、先日は
関ヶ原以後~家康が幕府をひらくところまで観ました。

関ヶ原の戦後処理が、ああ、あの武将が・・・という感じで感慨深かったです。
長曾我部と宇喜多は、お家取り潰しにされちゃったんですね(泣)
三成は承知の通り、小西と安国寺も斬首。
などなど・・・。

バサラや無双やってる身としては
切なさで胸がいっぱいです。

で、家康が幕府をひらき、その挨拶に兼続が家康のもとに行ったわけですが
そのとき兼続が「祝着至極」と言っていました!

こ、これは!
私が大好きな、伊達のセリフじゃないか・・・!

実写で言ってるところが観れて良かったです。

では本題どうぞ~。


【三方ヶ原決戦】

戦に入る前のムービーがかっこいいです!!
微妙に、オープニングムービーと似てる感じがし、伊達というキャラの
重要性が見えます。(そうか)

幸村の最期にかつての自分を思い出し、家康に挑む政宗!

「かくう?(漢字わかりません。「架空」じゃ意味が違うし…)関係ないわ!
 今はただ挑むのみよ!」


タイトルコールのあとのセリフは
「今 竜は風雲を得、天に昇る!」

ハングリー精神を取り戻した伊達!
それでこそ、伊達!

「徳川を喰らい、独眼竜は・・・天に昇る!」(伊達)
「その独眼竜、俺が見究めてやるぜ」(武蔵)
「挑発には乗らぬわ、馬鹿め!」(伊達)


へー。
結構、冷静なんですね。
あえて挑発に乗りそうですが。
それだけ、本気で勝ちにいってるってことでしょうか。

あと、なぜ徳川方に武蔵がいるのかがわかりません。

「中央の砦に構うな!周囲の砦から落とせ!」(伊達)

「わしが天下を見せると言った以上必ず見せる
 わしの天下見るまで死ぬこと許さぬぞ、孫市!」(伊達)
「いずれ小十郎が援軍を連れて参る東北砦を落とし、多くの兵を迎え入れるのだ!」(伊達)

「宮本武蔵は無敗の剣豪 まずは別の砦を落とせ
 さすれば、わしには策がある」(伊達)


ここらへん、ずーっと伊達のターンです。
ここの政宗くんは、よくしゃべります。笑

「来やがれ 臆病者」(武蔵)
「馬鹿め じれておるわ」(伊達)
「俺から逃げられっわけねぇだろうが!」(武蔵)


おお!伊達が賢く見える・・・!笑

「殿!お待たせ致した!」(小十郎)
「我が策成れり!中央砦を我が伊達軍の本陣とする!」(伊達)


かっこいいーーー!!

「ここを敵に奪われるでないぞ!」(伊達)

「家康 答えよ!我が気迫 幸村に勝っておるか」(伊達)
「わしに直接挑むがよい 自ずと知れようぞ」(家康)


あれ、かつての自分の野心を思い出しての、今回の決起かと思ったけど
単に幸村に張り合ってるだけ!?笑

「政宗公ほど功厚きお方がなぜ乱をおこされる
 徳川の下 栄耀栄華は思うがままだったはず」(本多正信)
「竜の志 貴様のような端武者にはわからぬわ」(伊達)


たまに出る、伊達の選民思想。
自分は他人より優れているという自信に満ち満ちている。

自分は社会の役に立っていない、と考える若い人たちが
他国に比べて圧倒的に多い日本にあって、
こういう伊達のような自信家は、いいんじゃないでしょうか。
でも、人をけなすのはよくないですけどね。

「本多忠勝推参 秀忠様と加勢つかまつる」(忠勝)
「頃合いです、手薄な本陣を攻めます」(稲姫)
「我らは中央より攻める」(忠勝)


「貴様を倒し わしは天へ飛翔する」(伊達)
「剛毅よな わしが天へ昇る踏み台というわけか
 だがこの踏み台は高いぞ お主で届くかな」(家康)


人を踏み台扱いする伊達。

「今のあなたからは幸村と同様の感じがします
 あまりにも向こうみずであまりにも危うい」(稲姫)


おお!よかったじゃん!
さっき、気にしてたもんね。
自分の気迫が、幸村に比べて勝ってるかどうかって。

それはそうと、義弟だから呼び捨てなんでしょうか??

「男の信念貫くとき さようなこと構ってられぬわ!」(伊達)

かっこいい!男ですって!


おしまい

あとは外伝の感想書いて、伊達はおわりになります。

theme : 戦国無双シリーズ
genre : ゲーム

戦国無双2 プレイ日記14 

 

順調に進んでいます、戦国無双。
育てると、使いづらいと思ってたキャラも、結構使いやすかったりと
発見が多いです。

その代表が、ねねと武田信玄。

ねね、移動力と瞬発力がものすごいんですが
攻撃力に劣るので、なかなか今回育てるのに躊躇していたんですが
育ったねねの使いやすいこと・・・!
あの攻撃範囲の広さも、特筆すべき!ですね。
連続チャージ攻撃の使いやすさと、あの攻撃範囲の広さから
ザコ敵倒すのが楽しい楽しい^^
そんなんで、斬りまくってました笑

信玄は、まだ育ってない頃は
攻撃範囲も狭いし、移動力・瞬発力ともに低いしで
操作にイライラしがちだったんですが
育ったらそうでもないですね!

攻撃範囲は、高ランクの武器の入手によって狭くなくなったし
また移動力・瞬発力も、
攻撃力・防御力を考えれば補って余りあるほどですね。

しかも第4武器入手したら、防御力がさらにすごいことになりました。
ちょっとやそっとじゃ、びくともしないぜ!!

一通りのキャラを育て終えたら、無限城にて高層階目指そうと思ってたんですが
こりゃ、信玄でいくか・・・?
あ、でも無限城では馬が使えないので、
やっぱり信玄はなし、だな・・・。

一応、今まで育てた中で、強さと操作性の良さを兼ね備え
なお且つ、キャラ的に操作してて楽しいキャラは
幸村・慶次・伊達・家康・左近・ギン千代です。

キャラ的に操作してて楽しいキャラは、断トツで伊達なので
伊達でいきたいところですが、
いまいち、強さに信用がありません笑

伊達、ピンチのときに押し負けそうです。
瀕死状態のときに、どうにかしてくれそうなキャラじゃないです。

これが信玄だったら、
体力ゲージが赤くなってからも敵に斬りかかっていけますが、
伊達は怖くてダメです。

信玄だったら、
少しくらい斬られても耐えられる・・・!
そして、あと一回でもこっちの攻撃を当てることができれば、敵を倒せる・・・!
っていう信用がありますが
伊達だと、
あと一回でも敵の攻撃を受けたら、確実に死ぬ・・・!
あと何回攻撃を当てれば、敵を倒せるんだろう・・・!
ってなります。

例えるなら
マリオカート(スーファミ版)のクッパとノコノコのようなものです。

伊達の特殊攻撃も、自分的にはそんなに使えないです。
「挑発」は、ゲームうまい方だったら、あんな使える技はないと思うのですが
ヘタな自分は、少々斬られても力押しで乗り切るタイプなので
使えないんです・・・。
防御とかしない、できない。

やっぱりオールラウンダーの幸村かな。
ギン千代や左近、家康の特殊技も結構使えます。

三成も好きなんですが、なんせアイツ弱いという認識がはなれません笑
攻撃が軽くて、すぐ吹き飛ばされちゃうイメージ笑


本当は忠勝に頼りたいのですが(なんせ戦国最強)
忠勝は、第4武器の入手を諦めているので
そこがネックです。
きっと第4武器じゃないと、無限城の高層階は切り抜けられなそう・・・。


ちなみに、進捗状況を表にしました。
現在はこんな感じです。

進捗

二回目の無双演武でもう一回おさらいしつつ、育てています。
取りこぼしたレア技能は模擬演武で入手。

島津の無双演武、めちゃめちゃかっこいいので早くやりたいのですが
もったいないのでとっといてます笑

あとは、ねねの無双演武の外伝が、ことのほかおもしろかったので
後日また紹介したいです。
小早川がいい味出してた。
あとは、ねねに対する三成の態度がいいです。


theme : 戦国無双シリーズ
genre : ゲーム

戦国無双2 プレイ日記13 伊達政宗無双演武 第四話感想



戦国無双2 プレイ日記
伊達政宗の無双演武、第四話のセリフ抜き出しとその感想。

セリフをほぼ全部抜き出しています。
ネタばれにご注意くださいね。





つい先日、天地人の関ヶ原らへんの回を見たのですが、
やっぱり西軍、いいですね・・・!
今までの三成像が、すっかり変わりました。

まぁ、今回の主役が兼続で、その兼続が西軍よりの人物なので
三成も、良い風に描かれているのかもしれませんが。

伊達、上杉は関ヶ原に参陣していませんが
こちらはこちらで、長谷堂で死闘が繰り広げられてました。
慶次が出てくるかなと思ったんですが、出てこなかったですね。
出てきたらまた、熱かったのに。

天地人でも
「この首、とって手柄とせよ!」というようなセリフを吐いてました。
実際もそう言ってたんだな~、と思いました。

無双やりすぎて、小早川が裏切らない関ヶ原をたくさんこなしてきたので
天地人の小早川も、もしかしたら裏切らないかもしれない・・・!
なんて淡い期待を持ってしまったのですが
そんなことはもちろんなく、鉄砲打ち込まれて裏切り、
大谷刑部の横っ腹めがけて突撃してました。アイタタタ・・・。

ああ、戦国・・・(意味不明)


さて、前置きも長くなりましたが
伊達政宗の無双演武第四話の感想、いきます。


【大坂の陣】

改易される大名共の中で、細心の注意で地位を保った政宗。
天下を確固たるものにすべく、大坂を攻める!


な第四話。
「細心の注意」なんていう細かな工作、苦手そうだけどね、あの御仁(笑)

ちなみに、タイトルコールの前のセリフがこちら↓
「負け犬どもが・・・勝利者のわしとは格が違うわ!」(伊達)

ちょっと痛々しい。
ここらへんになると、伊達もわかってきてそうです。
試合には勝ったけど、勝負に負けたこと。
犬になり下がった自分と、最後まで義を貫いてる幸村と。

その思いを振り払いたくて
自分に言い聞かせるように、大きい声で言ってそう・・・
と思いましたが、伊達が叫び口調なのはいつものことでしたね笑。

「さて、時勢に逆らう馬鹿どもの相手をしてやるか」(伊達)

出た!長いものには巻かれろ論!

「敵を討ち払え!大坂城に近づけるな」(幸村)
「真田め・・・やりよるわ」(家康)
「この真田丸・・・そう簡単には落とさせぬ!」(幸村)


幸村ーーー!!
幸村が人気武将なの、わかります。
なんかこう、死なないで!ってなります笑
今のプレイキャラは伊達なので、大坂城を攻める側ですが。

幸村を倒すと
「目的は達した 一度退くぞ」(幸村)

「天守を砲撃せよ。準備せよ」(家康)
「豊臣も最期・・・ならば命を惜しむな名を惜しめ!全軍!総力で討って出よ」(秀頼)


今まで私がイメージしてた秀頼は、
城の奥で淀殿といった女たちに囲まれて、気弱で
最後まで戦場に出なかった弱っちい感じで、あんまり好きではなかったのですが
無双の秀頼は、凛々しくていいですね。

VS孫市
「ダチの残した誰もが笑って暮らせる世 壊させはしないぜ」(孫市)
「馬鹿め、秀吉の世 早や破綻しておるわ」(伊達)
「お前にその力はあるのかね」(孫市)
「証明してやる!」(伊達)


ちょっとここら辺、よく聞き取れてません。
上の会話じゃかみ合ってないし、多分書きとれてない抜けてるセリフが
あると思います。

「孫市 わしのもとへ来い!お前の欲した世界をくれてやる!」(伊達)
「夢みたいなことばかり言うガキだな 
 だがもう一度夢に生きて(??聞き取れず)
 一度は消えた命 いいぜ あんたにやろう」(孫市)

「退屈してたんだ・・・政宗、俺を楽しませてくれよ」(孫市)


なんで伊達が、急に孫市誘うのかわかりません。
唐突すぎる。

「私がいる限り豊臣は滅せぬ」(秀頼)

セリフ、熱い。

「泰平のため、わしは多くの狼らを犬に飼い慣らした
 じゃが、犬になれぬあの男のなんとすがすがしきことよ」(家康)

 
信義貫く、それが真田!

長政様が生きてたら、彼もきっと犬にはならなかったと思う。
でも昨日、信玄の無双演武の5話だったか、関ヶ原決戦に長政様が敵として出てきて
信玄に「まっすぐすぎるのも、ときに迷惑」とかって言われてました。
こんなこと言われる長政様が、ちょっとかわいそうだ。

「負け犬に味方するが真田の意地か 安い意地よ!」(伊達)
「幸村愚鈍ならば言葉にて返答あたはず 
 利根なる政宗様には、わが槍をご覧なるべし」(幸村)


この幸村、ちょっと普段と違くないですか??
なんでこんな物言いなんでしょう??
嫌味・・・?
でも嫌味言うようなキャラでもないし・・・。

まあ、かっこいいからいいんですが。

城外に逃れた秀頼を倒すとこのセリフ
「私の死で泰平の世が・・・来るなら・・・」
「豊臣の代、わずか二代で終わるか
 まさになにわの世・・・夢のごとしであったな」(秀頼)


切ない・・・。

豊臣が滅んだのは、秀頼のせいというよりかは
淀殿や大野に原因があったと、自分は認識しています。

VS幸村(?)
「わしは秀吉や家康の下成功してきた
 貴様ら負け犬とは違う!評価されてきたのだ!」(伊達)


時の権力者から評価されることが、人として素晴らしいことかって言ったら
そうでもないわけで。

幸村を倒すとこのセリフ
「こやつ・・・己が信念を貫き逝った 勝利し生き残ったわしは・・・」(伊達)

そして五話に続く、と!

この四話から五話への流れ、一気にいきたいところです!
こう、鉄は熱いうちに打て、じゃないけど笑


伊達政宗 無双演武 四話感想おわり
一話~三話の感想は、カテゴリ「戦国無双」からとぶとあります。
(不親切すみません汗)


theme : 戦国無双シリーズ
genre : ゲーム

案内

※やり込み、考察、攻略等はなく、普通に楽しむ範囲のものになります。

※ライトとヘビーの間。

※最新の記事から見たい方は、上の「ワースレス」からどうぞ。

※リンクに関して切り貼り自由。

※コメントへの返信は遅れがちです。すみません…。

プロフィール

タカムラ

Author:タカムラ


成人済

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
戦国BASARA3 感想
それぞれの感想・プレイ日記へ直接飛べます。

キャラ別 全ルートまとめ →  
伊達政宗
       
       

雑賀孫市
       

真田幸村
        
       O 

石田三成
       
     
慶次・市総括    
伊達軍と武田軍    

※オンマウスで説明出ます。

※伊達・孫市は、まだプレイ初期に書いてるので読みにくいところ多々あり。

※ここにリンクさせてない記事もあります。
お好きな海へ
カテゴリ
since 09/04/29
こっそりマイ殿堂

【殿堂入りキャラ】
・アッシュ・リンクス
・ジタン・トライバル
・麻倉 葉

【殿堂入り作品】
・BANANA FISH
・FF9
・FFT
・バハムートラグーン
・クロノクロス
・タクティクスオウガ
・岡田あーみん全作品



FF9 タクティクスオウガ FFT ch1 岡田あーみん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。