戦国BASARA3感想・プレイ日記47 ~石田三成戦国絵巻~ 青ルート・Part5


戦国BASARA3 感想・プレイ日記47


~石田三成戦国絵巻~

  青ルート・Part5


セリフの抜き出しがメインです。
ストーリーのネタバレにご注意くださいね。









実に、二ヶ月ぶりの戦国BASARA3の感想。
宴をやり始めたあたりから、ぴたりと更新がなくなってたというわかりやすさ。
今、宴も小休止中なので、ぼちぼちこちらを再開していきたいと思います。

ちなみに、三成の青ルートの途中でとまってました。
今までの感想・プレイ日記は、カテゴリの「戦国BASARA3」を選んで頂くか
画面右上に、武将別・ルート別にわけて、直接とべるようにしてあるので
そこからお好みの感想・プレイ日記を選んでください。
携帯で見てる方には、不親切設計申し訳ないです。。。


【幕間】

「三成よ、これ以上悪い知らせは無いと見た
 落ちついて聞け、いや 落ちつかずとも良いが」(大谷)
「落ちつくのは貴様だ、刑部」(三成)


三成の返答に爆笑。
そして、落ちついてない刑部。笑

「黒田が大坂城を乗っ取った そう、われらの本拠地 大阪の城よ」(大谷)
「な・・・ 馬鹿、な・・・ッ!」(三成)


自分のアナログプレイ日記には
「息をのんで言う言い方がよかった」って書いてあるんですが
もう、どんな言い方だったか忘れてしまった。。。
自分の書いたプレイ日記のくせに、こういうこと書いてあると
もう一回プレイしたくなる。笑

「見たか!背後をおろそかにするってことはな 腹をくい破っていいってのと同じなんだよ!
 小生の恨み、大坂城から思い知らせてやるぞ!」(官兵衛)

「官兵衛・・・おのれ、官兵衛・・・許すものかァアアア!」(三成)
「次から次へと まぁ、厄介ごとがきてくれる」(大谷)


まさに喜劇。笑

ちょっとウロなんですけど、三成が伊達を目指して北上中に
南で鶴、島津、官兵衛が決起し、全部対処しなかった場合
この大坂城奪還戦がおきたような。。。
違ってたらすみません。
全部対処(引き返して戦う)した場合は、戸次川の戦い・三英雄編になる。


「大坂城 奪還戦」を選択すると

「秀吉様の城を!汚れた手で触るなど!官兵衛め・・・許さないッ!」(三成)

こういう三成の、秀吉に関するところだけ極端に潔癖になるところが
気持ち悪くて大好きです。(え)
あと、官兵衛をものすごく下に見てるんだけど、その官兵衛に振り回されてるところとかね。
かわいいよね。


三成 de 【大坂城奪還戦】

「官兵衛ーッ!縊り殺してやるッ!」(三成)
「そうはさせるか!ここは小生の城になったんだよ!」(官兵衛)
「官兵衛!貴様!いっそ黄泉にまで続く穴倉を拵えてやる!」(三成)


三成のルート感想・プレイ日記中、前にも何回か書いてるとは思うんですが
三成は、表現豊か。笑
国語、得意だよね。

あと、字も絶対達筆。
元就様も達筆。史実が筆まめだし。
孫市は、漢文書いてそう。要件のみの簡潔すぎな感じ。

敵味方関係ない砲撃に
「官兵衛・・・いつの間に馬鹿を通り越した・・・?」(三成)

角土竜がどこかに行ってしまって
「あれ、あれ?どこ行った?」(官兵衛)
「貴様の馬鹿を形容する言葉が見つからない」(三成)


敵味方関係ない鉄球攻撃に
「もういい 貴様は今日から、馬鹿という名で十分だ」(三成)

ここらへんは固有台詞じゃないですけど
何回でも紹介したい、三成の名台詞。

vs官兵衛
「去れッ!消えろッ!許しを乞えッ!いっそのこと窒息しろォオッ!」(三成)

そういえば、マンガのキャラ作りって、シルエットだけでそのキャラがわかるようにしろ
とかってあるじゃないですか。
バサラも、もちろんシルエットだけでわかりますけど
台詞からでも、キャラ特定できますよね。
そのへん、すごいなぁと。
なんか今、台詞を打ち込みながら、ふと思ったのでした。笑

「どうにも血気盛んな男だな」(官兵衛)

自分のことを言われてるのに、三成のあまりの血気の盛んさに、逆に冷静になってる。
わー、すごいな、みたいな。笑

「秀吉様が愛されていたこの城郭を・・・よくも!」(三成)
「すまなかったな、ちょいとばかし壊れちまった」(官兵衛)

「言っておくが、城の主はこの小生だぞ」(官兵衛)
「秀吉様という珠玉の思い出を 還せ!穢れなき状態に戻してみせろ!」(三成)




三成 de 大阪城奪還戦は、以上でおしまい。
おまけで、三成のアシスト受けたときの台詞と、討死時の台詞。

アシスト受けたときの台詞
「だからなんだ」

おおおお、アシストのしがいがないよ!
そんなこと言われたら、隠れ友好度パラメーターがあるゲームだったら
マイナスに振りきれちゃうよ!
よかったよ、バサラ3が、1戦連れていけば機械的に1友好度があがる設定で。

でも、きっと、石田軍モブはわかってます。
「不器用な生き方をしてるよなぁ、三成様って」って思ってるから。
あ、でも、アシストするキャラって、石田軍とは限んないんだった。
政宗様あたりをアシストキャラにつけたら、たちまちケンカだね☆!

宴だと、松永先生あたりも
「いらないな」とか、そんな台詞だった。
体力が危なくなってるときに、おにぎりもらっても「いらないな」


討死時の台詞
「死ねる訳がないッ!秀吉様!秀吉様ァッッ!」

まさに、化けて出てきそうな断末魔の悲鳴です。ブルブル



次、三成 de 大阪夏の陣・蒼をやったら、三成の戦国絵巻感想は終わりです。
三成の次は、アニキの感想・プレイ日記かな。


theme : 戦国BASARA
genre : ゲーム

戦国BASARA3 感想・プレイ日記46 ~石田三成戦国絵巻~ 青ルート・Part4


戦国BASARA3 感想・プレイ日記46

~石田三成戦国絵巻~

  青ルート・Part4


戸次川の戦い(三英雄編)のセリフの抜き出しです。
ストーリーのネタバレにご注意くださいね。









三成が北へ向かうと、背後で鶴姫、官兵衛、島津が決起するんですが
それらを無視せず全部に対応する(戦う)と、この戸次川の戦い(三英雄編)になります。


ザビー教信者、大集合!

「三成・・・これは一体どうしたものか 厄介と愉快が同時にやってきたわ」(大谷)
「やめろ刑部・・・報告を拒否する
 私におかしな話を聞かせるな」(三成)
「そうもいくまい
 暗、鬼、大友の三国が力を合わせ、珍にして妙なる国を作ったわ」(大谷)


この三英雄編の戸次川の戦いが大好きです!!
戦国絵巻内では、風魔と三成のストーリーでしか出ないレアさも相まって余計。
三成と愉快な仲間たち、、、いい!!

「みなさーん!ザビー教の時間ですよ」(宗麟)
「三成!刑部!ザビー教大国へようこそ!」(官兵衛)
「我が主の命であらば、火の泉にも飛びこむ覚悟」(宗茂)
「ちゅうわけだ、三成どん この国はオイたちの手で守る」(島津)

「あの・・・馬鹿の三乗共がッ・・・!」(三成)


ここらへん、ちょっとウロです。
でも、三成のセリフだけは正確ですっ・・・!!

さっきから、三成のセリフがすごくかわいくないですか!?
三成が、家康問題とはまた別の意味で頭を抱えちゃってて、それがなんかいい!!
三成かわいいよ、まじエンジェルだよ!!

そして戸次川の戦いを選択すると
「穢らわしい!完膚無きまでに叩き潰してやる!」(三成)

こういうの、三成が最も嫌いそうだもんね。笑


【戸次川の戦い】(三英雄編)

「平伏しなさい!僕はザビー教大国の主です!」(宗麟)
「いいぞぉ!ザビー様ぁ!」(官兵衛)
「ザビー様!ぐはは!」(島津)
「(ああ、ワシ恥ずかしくてもうダメ)」(宗茂)

「あの馬鹿共が・・・」(三成)
「見やれ三成、やはり大層頭が痛い」(大谷)


こういう場合、他の武将たちはどんな対応になるか考えてみた。

毛利・・・虫けらを見るような目で見る。基本無視。
アニキ・幸村・・・相手がどんなんだろうと、全力で勝負!馬鹿にしたりは絶対しない。
伊達・・・ちょっとおもしろがる。でも、2で小十郎がザビーの顔見て笑ってたから
     ちょっと軽んじてる部分は否めない。
慶次・・・逆に楽しむ。
孫市・・・冷静に分析する。(あれは・・・なんだ?って感じで)
鶴姫・・・世の中にはああいう人たちもいるんだ、と感心する。(すごいです!って感じ)

こんな感じ?
つか、自由合戦で実際に戦えば、他の武将がどんな反応するか
わかるんだった。

vs島津
「鬼島津・・・貴様までが何をしている!」(三成)
「これは異国流の修業じゃ 官兵衛殿にそう誘われての」(島津)


2の「色々あってここにおりもす」(チェスト島津の台詞。ウロ覚え)って
そんな理由だったの!?
官兵衛、何を企んでいるんだ・・・汗
というか島津、そんな誘いに乗っちゃダメ、ゼッタイ!

「嘘を見抜け!官兵衛如きに唆されるな!」(三成)

もう!島津さん、何やってんですか!みたいな。
敬愛する上司の、逆に誰もひっかからないようなところでのミスに
なんで島津さんほどの男が!みたいな。
そんな感じ。

「なんと、嘘かね!ぐははは!そりゃまいったワ」(島津)

vs宗茂
「て、手前の名は立花宗し」(宗茂)
「違うでしょ宗茂 お前の名はギャロップ宗茂です」(宗麟)
「ぐ、ぐぬぬぬ そうです 我が主の言う通り」(宗茂)
「わかればいいのですよ、ギャロップ」(宗麟)
「くううっ・・・ザビー様の為っ!」(宗茂)

「これは石田殿っ!いやお恥ずかしい限り・・・」(宗茂)
「我が主の悪ふざけも少々度が過ぎ・・・(ウロ)」(宗茂)
「この名はどうにも居心地が悪く
 ううう・・・・いえ、手前は宗麟様に従うのみで・・・(ウロ)」(宗茂)


ここらへん、別にツッコミ所ないんですが
三成の台詞が全然ないんですよね。(私のアナログプレイ日記に書き取りがない)
多分三成は、冷めた目でこのやり取りを見てたんだな
と解釈しております。笑

vs官兵衛
「官兵衛・・・いつの間に馬鹿を通り越した・・・?」(三成)
「うるさいな!小生は満足してるんだよ!」(官兵衛)


ここらへんの言い方や台詞が、旧知の友達っぽい!
「うるさいな!」とか、特に。

「貴様の馬鹿を形容する言葉が見つからない」(三成)
「もういい!貴様は今日から、馬鹿という名で十分だ」(三成)


対官兵衛時の三成が、大好きすぎてつらい。

ちなみに、ここで宗麟をゲットできます。
そのときの台詞がこちら。

「ふん 僕があなたに従うはずがありませんよ」(宗麟)

し、従わせてやるぅううう!笑
宗麟は生意気だなぁ!




蛇足ですが・・・

初めにも書いたように、三成が伊達を目指し北上中に、背後で鶴、官兵衛、島津が決起し
それらを無視せず、全部対処するとこの戸次川の戦い(三英雄編)が出ます。
その島津に対応(耳川の戦い)したときのセリフがこちら

「ほう、迷わず守りに引き返したとは驚きよ」(島津)
「秀吉様に弓引いた者を放置できるものか!」(三成)


あれ、三成、ちょっと侮られてる・・・?笑
そして、守りに引き返したのは戦略上のことからではなく
秀吉に弓引いたから、という理由。。。
侮られるのも、ムリないか!?



九州(島津、大友、官兵衛)もいいですね!
瀬戸内(毛、長、鶴)に負けずとも劣らぬ、おもしろメンバーだ!笑

次は大坂城・奪還戦で、最後に大阪夏の陣・蒼で
三成ストーリーはおしまいです。

拍手をいつもありがとうございます!!


theme : 戦国BASARA
genre : ゲーム

戦国BASARA3 感想・プレイ日記45 ~石田三成戦国絵巻~ 青ルート・Part3


戦国BASARA3 感想・プレイ日記45

~石田三成戦国絵巻~

  青ルート・Part3


台詞の抜き出しです。
ネタバレにご注意くださいね。









【石垣原坑道戦】

「お前さん、独眼竜を叱りに行くって?
 外野なんて放っておくのが吉だがね」(官兵衛)


「叱りに行く」なんて、そんな生ぬるいもんじゃないんだってば。
斬り刻みに行くんだってば。笑

vs官兵衛
「小生の夢はな、お前さんをぶちのめしてざまあみろと叫ぶことだ」(官兵衛)
「官兵衛、大した口のききようだな」(三成)
「小生を失脚させたのは誰だ!秀吉に告げ口したのはお前さんだろう!」(官兵衛)


ここらへん、台詞の書き取りがちょっと正確ではないかもです。
こういう昔が垣間見れる台詞は、大変おいしいですね!


【川中島の戦い】

vs慶次(1回目)
「あんた・・・豊臣の忘れ形見、だよな」(慶次)

vs慶次(2回目)
「そっか、あんたが噂の豊臣の・・・」(慶次)

忘れ形見!!・・・ってなんか、いいですね。
秘蔵っ子みたいな。
ちょっとした特別感。

vsかすが
「思ったことは無いのか?自分の心が醜いと」(三成)

ほげーッ!!!!!
泣く!こんなこと言われたら、絶対泣く!!
つか、三成もかすがと同じような部分あるじゃん、って思うわけで。
秀吉ラブが、すべての行動原理になってるあたり。

自虐を込めて言ってるのかな??


【金ヶ崎退き口】

「飢えた鬼共が私の首を獲れると思うな」(三成)

市に対して
「貴様のような惰弱な魂を、心から憎む!」(三成)

あぁ~~・・・強い国を作るって言ってた秀吉を尊敬していれば
そうなるよねぇ~~・・・。

進退きわまったときに
三成は、怒り恨み、奪った相手を滅する!って方向で
市は、全部市のせい・・・と、ずぶずぶ沈んでいっちゃう方向で
同じ闇属性でも、ずいぶん違う。


【小田原再建戦】

vs風魔
「貴様は幸せだ・・・心がないのだろう?」(三成)

おおお!
そうか!三成はまだ人間の心があるから、あんなに苦しいんだね!!
それを自分でわかってる三成に燃える!!

そして、心がない風魔を幸せだ、という三成が切ない!!

vs氏政
「貴様らなぞ、豊臣が死んでから落ちぶれる一方じゃないか
 復興に勤しむわしの方がよっぽどえらいわい」(氏政)
「・・・・・・殺す・・・ッ!
 その喉元をえぐりとる!十六寸にまで・・・斬り刻む・・・ッ!」(三成)
「ひょええええ!」(氏政)


氏政に一票。笑


【能島海戦】

vs鶴姫
「預言者、おとなしく儀式の間にこもっていろ」(三成)
「なんてこと!びっくりするほど悪い口!」(鶴姫)

「私は未来に興味がない・・・未来などに・・・」(三成)


三成って、他と違って天下統一が目的じゃないから、目下の敵を倒した先の未来にいる
自分のイメージがつかめないんじゃないかなぁ。。。


ルート上での戦いではないんですが
三成 de 自由合戦

【奥州走竜戦】

「見やれ三成、伊達がぬしを歓迎している」(大谷)
「伊達?それは誰だ?覚えは無い」(三成)

「貴様が伊達か?知らぬ顔が私の前に立つな」(三成)
「おめぇら覚えたか あれが仇の顔だ」(伊達)


自分を知らぬという三成の顔を覚えろ、と言う伊達。
結構、大人なのね。

いや、なんつーか、こう・・・
こっちだってお前のことなんか知らないもんねー、ばーか、ばーか
みたいな感じかと思ってたので。笑
・・・私はどんだけ、伊達のことをガキだと思ってるんだ・・・。

vs伊達
「荒れ吹雪の中、待ち続けていた・・・
 アンタに再度斬りかかるチャンスをな!」(伊達)
「私が憎いと?だが貴様に覚えはない」(三成)
「アンタに覚えが無くても、オレにはある・・・ それで十分だろ」(伊達)


家康 ← 三成 ← 伊達

もっと言うと
伊達 ← 幸村 ← 家康 ← 三成 ← 伊達(ループ)
みたいな部分がある。


つづく・・・


拍手、ありがとうございます!!
なぜか宴の発売を3日だと勘違いしていて
10日だと気付いたときは、かなりしょんぼりしましたが私は元気です!


theme : 戦国BASARA
genre : ゲーム

戦国BASARA3 感想・プレイ日記44 ~石田三成戦国絵巻~ 青ルート・Part2


戦国BASARA3 感想・プレイ日記44

~石田三成戦国絵巻~

  青ルート・Part2


上田城水攻戦の台詞の抜き出しになります。
ネタバレにご注意くださいね。









【上田城水攻戦】

汎用台詞ですが
「三成様、せめて・・・ちゃんと食ってください」(石田軍モブ)
「不器用な生き方をしてるよなぁ、三成様って」(石田軍モブ)


愛されてる三成!!
あんまりそういうイメージないけど、豊臣の兵ということで
意外にも、兵士諸君を大事にしているのかもしれない。
大阪城にいくと、いっつも
「これが秀吉様と半兵衛様の育てた兵だ!」(ウロ)とかなんとか言いますもんね。

vs佐助
「あんたも呑気だねぇ、西を出て散歩するなんてさ」(佐助)
「構わない、いるのはどうせ腑抜け共だ」(三成)
「そうかい?俺様だったらあの鬼は怖い怖い」(佐助)


そんな佐助こそ

「あの忍、怖ぇよ・・・特に、あの冷たい目が」(味方モブ)

なんて言われてます。

それはそうと、ここでも三成ダメ説が浮上。
佐助の言う通り、のんき過ぎ!
世の中の政情に疎すぎるなんてもんじゃないですよね。
佐助の言う「鬼」は島津のことかな。
鬼島津にアニキ、官兵衛、毛利(このルートでは表だって同盟を結んでいないし)
に背を向けて、のこのこ国元を離れちゃってるわけで。

これ、三成のストーリーだからいいけど
毛利ストーリーでは、後詰めもなしに西に攻め込んで
毛利の思惑通り、負けの込んだ戦になっちゃってるし。

三成、豊臣時代に何をやってたんだ・・・。

こんなん言ってますが、三成は三番目に好きです。
筆頭、毛利、三成・・・の順。

vs幸村
「待たれよ!政宗殿を目指すとは真か?」(幸村)

名前呼びって、この3からのような気がする。
(違ったかな??考察とかしてないので適当です)
ちょっとドキッとする。(なんでお前が・・・)

「貴様はあの罪人(とがびと)に縁があるのか?」(三成)
「しかり!我こそは独眼竜の好敵手なりッ!」(幸村)


「なりッ!」だって。
か~わいい!笑

「ならば貴様、黙って手を貸せ 拒否など認めない」(三成)

敵の敵は味方、ってやつ・・・?
でも、そんなに利害は一致してなさそうな。

幸村は、自分で伊達を倒したいだろうし。
しかも、3の温くなった設定を考えれば、殺したいとまでは思ってないだろうし。
方や三成は、自分で伊達を倒さなくていいとしても
殺したいと思ってるんだろうし。

「政宗殿に挑めるならば・・・承知!」(幸村)

「承知!」じゃねえよ!!
三成は伊達を斬り刻みに行くつもりなんだ(笑)ということを
幸村はわかっているのだろうか。
こんな状態の三成に手を貸したら・・・。
・・・あ~、でもみっちー、卑劣なことはしないからなぁ。。。

「うおあああ、待っていろ 政宗殿ぉッ!」(幸村)

えー!「待っていろ」とか、伊達に対してそんな言葉遣いしてたっけ!?
「待っていてくだされ!」とか、そんなイメージ!
本人のいないところでは、こういう言葉遣いなのね、きっと。笑

幸村を倒すと
「貴殿の焔、伝わった!」(幸村)
ymzs2s.png
そういうことではない。


つづく


Part3で、複数の戦
Part4、5で、大坂城奪還戦、戸次川の戦い・三英雄編
Part6で、大阪夏の陣・蒼
こんな感じの予定です。

Part1への拍手、ありがとうございました!!


theme : 戦国BASARA
genre : ゲーム

戦国BASARA3 感想プレイ日記43 ~石田三成戦国絵巻~ 青ルート・Part1


戦国BASARA3 感想・プレイ日記43

~石田三成戦国絵巻~

  青ルート・Part1


台詞の抜き出しと、それに対するツッコミなので
ネタバレにご注意くださいね。










「家康・・・貴様には何一つ渡さない なぜなら貴様は、私の全てを奪った・・・!」(三成)
「hum・・・家康と戦うために雑賀の手を借りる
 豊臣も地に落ちたもんだな」(伊達)
「はっ 既に時代は徳川に流れておりまする」(小十郎)


筆頭・・・自分が地に落ちたもんだから、人も落としたがってるよ。笑
そして、小十郎。
いいのか!時代は伊達、じゃなくていいのか!?

いくら三成のストーリーとは言え
なんか認め、諦めちゃってる感があって嫌です。
あの「俺たちが一番」精神はどうした!

戦国BASARA2までは、自分たちが一番だ!
自分たちが天下を取るのにふさわしい!
って、天下取りに励んでいたものだけど
3は、三成と家康の傘下で、ちまちま励んでる感があって、なんだかなぁ・・・。

もちろん3は、東西に分かれての関ヶ原決戦!ってのがテーマだけどさっ。。。

「この調子だと、オレがヤツを目指さなくとも 
 勝手に滅びの時を迎えるかもな 豊臣秀吉、アンタも気の毒な男だぜ」(伊達)

「刑部・・・あれは誰だ? 秀吉様を侮辱した、あの男は!」(三成)
「伊達政宗・・・かつて小田原で、ぬしに敗れた男よ」(大谷)
「そのような男に覚えはない・・・
 だが!秀吉様を侮辱した罪、万遍の死に値する!
 今すぐ斬り刻んで、深海に忘却してやる!」(三成)


伊達のことを覚えていないみっちー。

これさ、、、別の意味でダメだよね・・・?
だって、この戦国の時代に、結構な勢力を誇ってる一国の主の顔を知らないなんて
本当にみっちーは、豊臣のもとで何やってたんだ。
半兵衛の教育は、どうなってるの!?

特に、半兵衛は、誰よりも小十郎のことを一番評価してたのに。
本当に三成は、もぐりだなぁ。

「名も無き力の無き男が、秀吉様を侮辱する・・・ これ以上の大事などあるものか!」(三成)
「あいわかった、では北に進め、進め」(大谷)


名はあるって!
ただ、みっちーが知らないだけだって!笑

そしてようやく1戦目へ。
導入部分だけで、つっこむ部分が多すぎる三成ストーリー。


【手取川の戦い】

vs利家
「貴様はなぜ、秀吉様の死を悼まない!」(三成)

死を悼む表現は、人それぞれなのだよ、三成。
だから私も、今度の法事に行きたくないのだよ。(親戚付き合い苦手)
でも、故人を悼む気持ちは、皆と同じくらいあるのだよ。

・・・あっ、すみません!
つい、自分のことを・・・!

vsまつ
「刑部が言っていた・・・貴様は放たれた小鳥だと」(三成)

でも帰るべき場所は、決まっているけどね!!(前田家)

しかし、刑部がこんな表現するとは、意外だなぁ。
案外、ポエマー?笑
そんなに、まつに「放たれた小鳥」というイメージはないけれど。


【背水の陣】(侵略者戦)

「押し寄せてきたな・・・刑部、五百は任せたぞ」(三成)

生き生きしだした三成。笑
(言い方が生き生きしてるんです)


【2戦目と3戦目の幕間】

「三成、もしや徳川と戦うつもりではあるまいな
 今のぬしでは、徳川に対抗できまいよ」(大谷)
「家康は後回しだ!
 今はとにかく、あの小物を潰さなくては私の気が済まない・・・!」(三成)


あんなに恨んでた家康よりも優先順位が上にくるなんて・・・!
すっごい怒ってる、三成。


つづく


赤ルートへの拍手、ありがとうございました!
これから青ルートです。

青ルートは、戸次川の戦い(三英雄編)や大坂城奪還戦など
ギャグなステージが満載で、非常に私好みです。笑
おもしろいので、おすすめですw


theme : 戦国BASARA
genre : ゲーム

案内

※やり込み、考察、攻略等はなく、普通に楽しむ範囲のものになります。

※ライトとヘビーの間。

※最新の記事から見たい方は、上の「ワースレス」からどうぞ。

※リンクに関して切り貼り自由。

※コメントへの返信は遅れがちです。すみません…。

プロフィール

タカムラ

Author:タカムラ


成人済

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
戦国BASARA3 感想
それぞれの感想・プレイ日記へ直接飛べます。

キャラ別 全ルートまとめ →  
伊達政宗
       
       

雑賀孫市
       

真田幸村
        
       O 

石田三成
       
     
慶次・市総括    
伊達軍と武田軍    

※オンマウスで説明出ます。

※伊達・孫市は、まだプレイ初期に書いてるので読みにくいところ多々あり。

※ここにリンクさせてない記事もあります。
お好きな海へ
カテゴリ
since 09/04/29
こっそりマイ殿堂

【殿堂入りキャラ】
・アッシュ・リンクス
・ジタン・トライバル
・麻倉 葉

【殿堂入り作品】
・BANANA FISH
・FF9
・FFT
・バハムートラグーン
・クロノクロス
・タクティクスオウガ
・岡田あーみん全作品



FF9 タクティクスオウガ FFT ch1 岡田あーみん