戦国BASARA 佐助と幸村 de 自由合戦 詰め合わせパック



戦国BASARA 自由合戦詰め合わせパック

佐助 de 瀬戸内海戦・大坂夏の陣・川中島の合戦・天
幸村 de 宿命!川中島の合戦

の詰め合わせになります。

セリフの書き出しがあるので、ネタばれにご注意くださいね!







【佐助 de 瀬戸内海戦】

VS秀吉
「門の脇に飾ってありそうな人だねえ こりゃ」(佐助)

佐助にかかれば、秀吉も仁王像に!
いるよね、すぐ人の特徴とらえて揶揄する人。笑


【佐助 de 大坂夏の陣】

VS家康
「さてさて あんた自身はどうかな」(佐助)

何この上から目線!かっこいいよ、もう!

「独眼竜 こいつ強いぞ(手強いぞ?)」(家康)
「どうした家康 底力出してみろよ」(伊達)


強い佐助、いい!

そして、いくつかのメディアで、家康にへつらう伊達はたくさん見てきたけど
伊達の方が優位にたってるのは、バサラが初めてだぜ・・・!
この大坂夏の陣では、家康のことを完全に捨て駒扱いしてるし。笑

以前、幸村で大坂夏の陣をやったときのこと。
ここのステージは総大将として伊達がいて、
伊達の前に中ボス的な感じで家康がいるんですが
伊達が幸村に「オレのところにくるまで死ぬんじゃねぇ」的なセリフを言ってですね、
完全に、家康を倒して自分のところに来ることを前提に、もの言ってるんですよ、アイツ。

その記事にリンク貼っておきます。
記事の下の方です。
伊達の、自分の夢中になれるもの以外は完全にアウトオブ眼中な様子を見てくだされ・・・!
こちら

ちなみに佐助(プレイヤー)が家康を倒すと、このセリフ。
「嫌いじゃなかったぜ アンタのことはな」(伊達)

今は味方であるはずの家康が倒されて、このセリフ。
どことな~く、上から目線のように聞こえるのは私だけ!?笑

VS伊達
「あいかわらず食えないお人だよ アンタ」(佐助)

食えない伊達!かっこいい!!
しかも、飄々としている佐助に言われるところが、これまたいい!


【佐助 de 川中島の合戦・天】

「ついに始まる、か・・・昔を思い出すね」(佐助)

この「昔」って何のことなのか分からないのですが。。。
武田と上杉って川中島で何度も激突してるから、以前の川中島の合戦のことかしら??
それとも、自分の過去のこと??

VSかすが
「今度一緒に里帰りしない?なんてな」(佐助)

最後に「なんてな」がついてる当たりに、このセリフに秘められる佐助の気持ちがわかる。
・・・ような気がする。
絶対ムリに決まってるけど、でも一緒に里帰りしたい気持ち100%。

VS謙信様
「眺めてる分にはいいんだけどねぇ」(佐助)

うーん・・・一応、恋敵ってことになるのかな?


【幸村 de 宿命!川中島の合戦】

ご存じとは思いますが、一応・・・。
このステージ、武田軍と上杉軍がそちこちで戦ってるステージです。
総大将は、やっぱり戦ってるお館様と謙信様。

そこを、あえて幸村でやってみました。

「ぬおおお!?どちらを助太刀すれば!?」(幸村)

いや、武田軍でしょ。笑

「なにもの」(謙信)
「いずこの勢力がこの地に 佐助、かの軍の乱入 阻止してみせよ」(お館様)


お館様!あなたの弟子です!笑

「まかせてくださいな、っと それじゃあちょっくら行ってきます」(佐助)

VS佐助
「こんなヘンピなところによく来るねぇ」(佐助)

このセリフは汎用。

「この先はすっげーおっかねぇぜ なんせ俺様の主がいるからな」(佐助)


おしまい

theme : 戦国BASARA
genre : ゲーム

戦国BASARA 自由合戦 真田幸村 de 賤ヶ岳の戦い



戦国BASARA 自由合戦

真田幸村で、自由合戦「賤ヶ岳の戦い」をプレイした場合の
セリフの抜き出しと、その感想。

松永戦線を中断したままでごめんなさい!
あれは時間をとってゆっくり書きたいので、休日にでも。

セリフの抜き出しがあるので、ネタばれにご注意ください。
ただし、100%正確ではないです・・・!

また、考察しているわけではありません~。






戦国BASARA 自由合戦「賤ヶ岳の戦い」

プレイ武将・・・真田幸村
敵武将・・・前田家



「前田軍は湖中央にて食事中 まずは砦を落とすことが得策ですぞ」(味方モブ)
「戦場にかような豪勢なゆうげを持ち込むとは 準備万端 まっこと侮りがたし!」(幸村)


(侮りがたしなところは)そこかい!(つっこみ)

「いや~ まつの飯はうまいな~」(利家)
「今日もいい天気になりましたね」(まつ)
「まつ姉ちゃん そこの沢庵取って」(慶次)

「まつ~ おかわり~」(利家)
「ほっぺにご飯粒がついておりますよ」(まつ)
「まつ姉ちゃん 沢庵取ってってば!」(慶次)

「まつ それがし茶がほしい」(利家)
「犬千代様 お茶受けはいかがですか」(まつ)
「何すんだ!それ俺の沢庵!」(慶次)


慶次、空気、読めよ・・・(肩にぽんと手を置きながら)

砦の一つ目を落とすと
「騒がしいわね・・・どうしたのでしょう」(まつ)
「心配か?まつ姉ちゃん 俺が様子を見てきてやるよ」(慶次)


さっきみたいな扱い(空気扱い、存在ムシ等。笑)されておきながら
まつのために尽くす、おば思いの甥っ子!

vs慶次
「あんた好きな人は・・・って聞くだけ無駄か」(慶次)
「軟弱な事を申すな!漢の勝負だ!」(幸村)


慶次ーーー!!
諦めんな!もっと、そこんとこ突っこめよ!!
大事なところだろうがあッ!

慶次からこう言われて、他の武将がどんなセリフを吐くのか
これも調査したいところ。
伊達とか元就様とか、なんて言うんだろ。
既婚者の浅井夫婦の反応も、気になるところ。

それか、幸村専用かな、このセリフ。

「犬千代様 慶次は一人で大丈夫でしょうか?」(まつ)
「心配しなくても大丈夫だ・・・あいつ強いし」(利家)


まるっきり、慶次の親みたいになってる。笑
心配性の母、息子を信じどっしり構えてる父!

利家の「あいつ強いし」のセリフが、すごく好きです。
なんか、信用してるんだなぁって。^^

「最近の慶次は言うことを聞かなくなって・・・まつは悲しゅうございます・・・!」(まつ)
「成長の証だよ・・・いいことだ」(利家)
「この間もお風呂を水にかえて」(まつ)
「なに、ただの悪ふざけだよ そんないたずら誰も引っかからない」(利家)


そのいたずらに引っかかったのは、どこの誰ですか!?笑
利家、戦国BASARA2のストーリーの冒頭のムービーで、めちゃめちゃ引っかかってましたよね。

BASARAだったか無双だったか、武将紹介のところで
史実の慶次と利家は仲が悪くて、水風呂にしたのも嫌がらせで、
それがもとで慶次は勘当された、って書いてありました。
史実はそうなんだー!(゜o゜)

vs利家
「そのような形(なり)で戦場に出るとは!」(幸村)

幸村、お坊ちゃんっぽい!笑
育ちが良さそう!
意外にお固いのね。笑

vsまつ
「まつめが守ってご覧に入れますれば」(まつ)

各地の砦を落とし、最後中央に行くとまつがいるんですが
これ完全に、まつが総大将ですよね。笑
一応、合戦前の準備画面では、総大将は「まつ、利家、慶次」になっていますが。

慶次と利家を倒すと、最後の最後でまつが出てきます。
前田家の最後の砦!まつ!

ちなみに、まつを倒すとこのセリフ
「ひくは一時の恥、おさらば」(まつ)

かっけーーー!
まつ、かっけーーーー!!

theme : 戦国BASARA
genre : ゲーム

戦国BASARA 自由合戦 長政様 de 安土頂上戦



戦国BASARA 自由合戦

浅井長政で「安土頂上戦」をプレイした場合のセリフ抜き出しと、その感想。

松永戦線シリーズ(勝手にシリーズ化)の途中ですが、
自分のアナログプレイ日記を見ていたらブログに書きたくなったので、ちょっと中断。

セリフの抜き出しあるので、ネタばれご注意!

ただし、セリフは完ぺきではないです!すみません!
セリフに(?)がついてるのは特に不確実。

また、考察しているわけではありません。
その辺、ご了承の程・・・。

以上を踏まえ、どんとこい!な方、ご案内~。






戦国BASARA 自由合戦 「安土頂上戦」 
プレイ武将・・・浅井長政


「来てやったぞ、兄者 わが宿敵」(長政)
「来い、貴様の正義とやらを全て賭けよ 余が念入りに捻り潰してやろうぞ」(信長)


ひゅ~!
長政様、とんだ上から目線だぜ!

「その頂きから眺めるがよい(?)私は歩みを止めぬ 
 例えこの手足が失われようとも」(長政)


一本気あふれる漢っぷり!

「お前が信長様の弟なんて認めない」(蘭丸)
「子供まで惑わすか 兄者め 許せぬ!」(長政)


プレイ当時につけてたアナログ日記には、このセリフのところにこう書いてありました↓

(誰にも見せないこと前提で、バリバリ自分だけ用に書いているので
言葉がすばらしくムカつく感じです・・・!注意!)

「長政様ちょーいい奴じゃね!?純粋だよねー
なんかこのセリフ、長政様の真面目な部分を表わしてる すれてないっていうか」

ですって・・・!
自分につっこみたい!笑

あの生意気な蘭丸は信長に毒されているんだと、
あの蘭丸を前にして、
蘭丸に罪はなく、憎むべきはこんないたいけな子供まで惑わす信長だと、
そう思える長政様は、すごく純粋ですれていないと思ったのでした。

VS濃姫
「兄者の眷族は皆悪だ!」(長政)

極端んんんんん!!!!
さすが大武闘会で、明智と二人で「極端な人たち」と冠されて、敵として出てくるだけある。笑

ん?
つーことは、市も悪ってことになっちゃうよ、長政様!

「血を吐きに 啼いて戻るか 不如帰」(信長)
「義のともしびに 惹かるるがままに」(長政)


このセリフ、信長の上の句に、長政様が下の句を続けたものですか!?
めっちゃ、かっこいいんですけどおおおおおお!!!!

信長は、ものすごく長政の行動を皮肉ったのに、
下の句で、うまーく自分の信念をあらわす長政様!ステキ!
悲愴な覚悟もみてとれます。

血みどろな戦の中で、教養あふれるセリフを聞くと
こう・・・ぐわっときます。

長政様は、ポリゴン?がかっこいいです。
あと個人的には、第二衣装が好きです。

ちなみに勝利時のポーズでは、全武将中、長政様が一番好きです。
くるくるって回って、ずしゃって着地、きっ!って顔上げる、アレ。
この、きっ!って上げたときの顔が、ものすごくかっこいい!!

筆頭の、指パッチン「小十郎、勝ち鬨あげろ」腕組み、も好きですけどね^^
佐助の「終わった戦はさっさと退散 んじゃあね~」しゅっと消える、も好きです。
元親の、錨槍をぶんって振りまわして(?)勢い余っておっとっと、ってなってるのも好きです。

好きなの多いな。笑


おしまい


今回は短めでした。

theme : 戦国BASARA
genre : ゲーム

戦国BASARA 松永戦線を斬りぬけろ! 番外編



戦国BASARA 自由合戦 松永戦線を斬りぬけろ!Part2の番外編。

松永と佐助のセリフを考えてみた。


猿飛佐助

ゲーム中のセリフ ↓

「卿からは光を貰おう 卿の心の中に隠した、ソレの事だ」(松永)
「あんた、この世の誰よりもおっかないね」(佐助)


ソレ3

はっきり言えYO!


みなさんも思いませんでしたか?笑


12月20日追記
コメントでご指摘頂いたんですが、
「松永の言う「ソレ」が何を指すのか、佐助はわかっている」ことは
承知の上で、上記のツッコミ入れています^^
わかりづらかったですね;



バサラとは関係ない話で恐縮ですが、
昨日でようやく、怒涛の忘年会ラッシュが終わりました。

コメントの返事が遅れて申し訳ありませんでしたm(__)m汗汗

みんな12月後半の週末や休日の前の日は、他の予定入ってるよね!
という共通認識によって
12月前半の平日やら週末に飲み会が集中し、逆に12月後半は何の予定も入っていないという。

みんなは入っている、のか、な・・・?

私はまったく飲めないので、気の置けない友人や同期、先輩との飲み会は楽しいのですが
付き合いでいく職場の飲み会は、正直きつかったり・・・(^^ゞ
今回は、楽しい飲み会の方が多かったです^^

そう言えば、飲み会(というよりお食事会かな)で行ったイタリアンのお店のプリンを
お土産に買って帰り、次の日食べたら、最高にまずかったです。
何が言いたいの!?ってくらい、主張する味がなく、甘くもなく。

モサモサしたプリンなんて初めてです。
プリンに対して、あんなに怒りがわいたのも初めてです。


そう言えば、FF13発売されましたね!
戦国無双2も、そろそろ遊び尽くした感があるので
こりゃFF13の買い時か!?と思っています。

theme : 戦国BASARA
genre : ゲーム

戦国BASARA2 竹中半兵衛ストーリー 2・4・5章



この間の1章感想の記事が、戦国BASARA関係で
100個目の記事だったんですね。

そんなに書いたんだ!?

正直、自分でも驚きです。

バトルヒーローズのプレイ日記が、今のところ一番多いですね。
けど、見たら総プレイ時間45時間でした。

ひとつのゲームをネチネチと、世間のブームとものすごくずれていたとしても
(例えばプレステ全盛時代にスーファミやるような)
飽くことなく一人ネチネチとゲームを楽しむ私にとっては
これはかなり少ないプレイ時間です。
少なくとも、100時間はやる。

それが45時間。。。

申し訳ないのだが、正直ゲームとしての魅力は感じられなかった・・・!
申し訳ないッ!!
(誰に対して謝ってるの!?)

ゲームとしての楽しさより、セリフを楽しんでいた感じです。
それでも十分楽しめたけど。

まぁ、原因はわかっています。

難しすぎる・・・!

本当に、本当に!操作性が必要なゲームをする能力が
皆無です、私。

ちなみに、ICOとモンハンポータブル、10時間ちょいくらいで
こりゃだめだ、と放棄しました。

そんなダメプレーヤーゆえに、セリフに対して思ったことしか書けない
(攻略なんてもっての外)
タカムラの感想日記、始まるよ!


竹中半兵衛ストーリー2・4・5章のセリフ抜き出しと、その感想。

1章の感想はこちら
3章の感想はこちら


ネタばれ激しく注意。


※よく聞き取れなかったセリフは、おしりに(?)がついています
※皆さまと違う解釈をしているかもしれません。
  妄想多し。



以上をご了承の方、どうぞ~


↓↓


【2章 VS毛利軍】

海から敵地に攻め入る戦力が必要と、高松城の毛利を攻める!な2章。

~毛利軍統合戦~


「毛利はすぐに投降するはずだからね(?)」(半兵衛)
「なぜそう言い切れる 毛利は最強の水軍だぞ(?)」(秀吉)
「簡単な理由だよ、毛利元就は人望がない」(半兵衛)


元就先生!こんなこと言ってます!!
思わず太字にしちゃったぜ笑

でも、褒め言葉にも聞こえる自分は、毛利へ歪んだ愛情を持っています。

「貴様と我とどちらの智略が優れているか・・・
 しかと思い知らせてくれようぞ、竹中半兵衛」(毛利)


そんな大言吐いちゃだめ!
今これ、半兵衛ストーリーだから!
思い知らされちゃうの、元就様の方だから!

「秀吉 あの男は僕にまかせてくれ 少し話がしたいんだ」(半兵衛)

「命はとらないよ 秀吉の命に従うならね(?)」(半兵衛)
「君にはそれなりの地位を与えるが、どうかな」(半兵衛)
「下衆な物言いを、我が頭を垂れるのは日輪のみ」(毛利)


モノや権力に釣られない、元就様は立派な方です。
高潔とも言える。
・・・ここのセリフだけ見ると!笑

「元就君 僕からの要求はただひとつ 
 豊臣軍に組み入れたいんだ、君の水軍をね」(半兵衛)
「かような戯れ言、よくも平然と言えたものよ」(毛利)
「我が水軍を手に入れて何とする」(毛利)
「世界に通用する軍を作るのが僕の野望なんだ」(半兵衛)
「故に略奪か・・・笑止!豊臣は山賊も同じよ」(毛利)


高貴なお人だぁ~、元就様。

「将の駒は奪い合える、ということさ」(半兵衛)
「元就君、君は兵に対して気を払わなさ過ぎるよ
 いずれ誰もついてこなくなる それではね」(半兵衛)
「兵など所詮捨て駒よ!それが役立たずのあり方にふさわしかろう!」(毛利)


あーあ、言っちゃった、元就君(笑)
半兵衛も半兵衛で、統合したい先の兵に対して気を払わなさすぎるのでは??笑
正面切ってケンカふっかけに行ってるようなものだ。


【4章 VS慶次】

伊達軍の統合に失敗した豊臣軍は長谷堂城に兵をすすめ、そこで慶次と遭遇した!な4章。

~邂逅 前田慶次~

「あれは前田慶次・・・!くっ・・・面倒なことに・・・」(半兵衛)
「ここはお前にいる場所ではない」(秀吉)
「お前こそ何しに来た・・・秀吉!」(慶次)
「慶次君、今すぐここから立ち去りたまえ!」(半兵衛)
「黙れ半兵衛!俺は秀吉に話があるんだ」(慶次)


こんな感じで、半兵衛・秀吉と慶次の、平行線な言い合いが続きます。
この人たちの過去の掘り下げは、もうないとみてよいのでしょうか。
バサラ3では、豊臣は過去の人っぽいし。。。


【5章 VS徳川軍】

本多忠勝を引き入れるため、最後の策が講じられた!な5章。

~徳川軍統合決戦~

「秀吉 最強の軍が整った 君の好きに使ってくれ」(半兵衛)

そう?
寄せ集めの烏合の衆じゃない?



半兵衛にはこの言葉を伝えたい。

「戦は会議室でおこってるんじゃない!現場でおこってるんだ!」

結局、半兵衛の軍師としての策によってではなく
力押しで無理やり統合した感が強いです笑。
それって、軍師のやり方としてどうなのさ笑


おしまい


1章や3章の感想に拍手くださった方!
ありがとうございます!!
嬉しいです!


theme : 戦国BASARA
genre : ゲーム

案内

※やり込み、考察、攻略等はなく、普通に楽しむ範囲のものになります。

※ライトとヘビーの間。

※最新の記事から見たい方は、上の「ワースレス」からどうぞ。

※リンクに関して切り貼り自由。

※コメントへの返信は遅れがちです。すみません…。

プロフィール

タカムラ

Author:タカムラ


成人済

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
戦国BASARA3 感想
それぞれの感想・プレイ日記へ直接飛べます。

キャラ別 全ルートまとめ →  
伊達政宗
       
       

雑賀孫市
       

真田幸村
        
       O 

石田三成
       
     
慶次・市総括    
伊達軍と武田軍    

※オンマウスで説明出ます。

※伊達・孫市は、まだプレイ初期に書いてるので読みにくいところ多々あり。

※ここにリンクさせてない記事もあります。
お好きな海へ
カテゴリ
since 09/04/29
こっそりマイ殿堂

【殿堂入りキャラ】
・アッシュ・リンクス
・ジタン・トライバル
・麻倉 葉

【殿堂入り作品】
・BANANA FISH
・FF9
・FFT
・バハムートラグーン
・クロノクロス
・タクティクスオウガ
・岡田あーみん全作品



FF9 タクティクスオウガ FFT ch1 岡田あーみん